Xperia arc

ソニーグループの携帯電話メーカー、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現ソニーモバイルコミュニケーションズ)製のAndroidスマートフォンのこと。2011年3月にNTTドコモから発売された。NTTドコモでの販売名称は「ドコモ Xperia arc SO-01C」「Xperia X10 SO-01B」の後継機種で、ドコモスマートフォンシリーズにラインナップされている。Xperia arcは、国内で発売されるスマートフォンとしては初めてAndroid 2.3を採用した端末でもある。Xperia X10に比べてディスプレイサイズは4.0インチから4.2インチに拡大されたが、本体はさらに薄型化・軽量化に成功している。高機能モデルでありながら、スマートフォンとして世界最薄(2011年1月発表時)の8.7mm(最薄部)を達成。「arc(弧)」という名称のとおり、弧を描いたような曲線を生かした手に馴染むデザインが特徴である。4.2インチ新開発TFT液晶(Reality display)フルワイドVGA(480×854ドット)タッチパネルディスプレイのフロントパネルにはソニーのブラビアにも採用されている「Clear Black Panel」を採用し、光の乱反射と拡散の低減を実現している。さらにコントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた「モバイル・ブラビア・エンジン」を搭載し、写真や動画コンテンツなどもくっきりあざやかに表現できる。810万画素のデジタルカメラには、新開発の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載し、表面照射型のセンサーに比べてより高感度・低ノイズを実現している。データ通信はHSDPA/HSUPA方式のFOMAハイスピードにも対応した。OSはAndroid 2.3、CPUはQualcommのSnapdragon(MSM8255-1GHz)で、内部メモリはRAMが512MB、ROMが1GBである。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能やBluetooth機能、GPS機能、国際ローミング機能、外部メモリのカードスロット(microSD最大2GBまで、microSDHC最大32GBまで)などが備えられている。ほかにも、映像用インターフェース「HDMI」マイクロプラグを搭載し、外部ディスプレイへモニター出力が可能であったり、「DLNAサーバー」に対応し、PlayStation 3などのDLNAクライアント機器とワイヤレスでコンテンツの共有が可能であったりと、エンタテイメント性能も強化されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

WiFi

無線LAN製品(IEEE 802.11シリーズ)の推進および相互運用性の保証を目指し互換性を検証する業界団体「Wi-Fi Alliance」によって名付けられたブランド名のこと。なお、Wi-F..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ