XML

Extensible Markup Languageの略で、「拡張可能なマーク付け言語」と訳される。World Wide Web Consortium (W3C) から勧告されている仕様で、多様な情報を「意味」と「内容」に分けて記述する言語(方法)である。仕様が非常に大きすぎたためにWebでの利用には適さず普及しなかったSGMLをベースにして、SGMLから派生したHTMLのコンパクトさなどの利点や、汎用性に欠けるといった反省点を踏まえて策定された。HTMLのようにタグを使用して文書やデータの意味や構造を記述する「マークアップ言語」の1つで、ユーザーが独自のタグを指定できるため、「メタ言語」の性質も持っている。汎用のマークアップ言語として、異なるソフトウェア間の通信に使用するデータ形式や、多様な種類のデータを保存するためのファイルフォーマットの定義などに使われている。このXMLで定義されたデータを扱うデータベースのことは、XMLデータベースとよばれる。XMLで作成された文書はXML文書といい、先頭にXML標準のバージョンや使用される文字エンコーディングを示すXML宣言を記述する。また、XML宣言に続く部分をXMLインスタンスといい、文書データ本体のほか、書式を規定するルールや表示方法を規定するスタイルシートなどを記述することができる。XMLを補完するための関連技術規格も多数存在し、文書表示の際のスタイルを指定するExtensible Stylesheet Language(XSL)やCascading Style Sheets(CSS)、ハイパーリンク機能を持たせるためのXML Linking Language(XLink)/XML Pointer Language(XPointer)、文書構造を定義するスキーマ言語のDocument Type Definition(DTD)やXML Schema、Regular Language description for XML(RELAX)、プログラムでXMLを利用するためのアプリケーションプログラミングインタフェース(API)であるDocument Object Model(DOM)やSimple API for XML(SAX)などがその例としてあげられる。XMLの仕様は1998年2月に策定されたバージョン1.0と2004年2月に策定されたバージョン1.1が広く普及しており、W3Cにおいてバージョン2.0についての議論が行われているところである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けコーダー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Apple

独特の洗練されたデザインで多くの支持を受けているアメリカのコンピュータメーカー「Apple, Inc.」のこと。「リンゴ」のロゴマークで知られる。旧称は「アップル・コンピュータ(Apple C..

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ