WiMAX

無線通信技術の規格の1つで、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略である。IEEE 802.16aとIEEE 802.16dの両規格を整理・統合した「IEEE 802.16-2004」規格の高速ワイヤレスインターネットで、20MHz帯時最大74.81Mbpsの最大伝送速度を実現している。複数のアンテナでデータを送受信するMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を利用しているため、安定した通信が期待できることと、1つの基地局がカバーする範囲が2km~10km(出力によっては最大50km)と非常に広範囲なため、移動中に通信が切れることが少ないことが大きな特徴である。人口の少ない地域や、光ケーブルなどの高速通信回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域におけるインターネット接続の最終行程(ラストワンマイル)の接続手段として大きく期待されている。現在、WiMAXの規格には、IEEE 802.16-2004ベースの固定通信(Fixed Wireless Access、FWA)向けのものと、IEEE 802.16-2004にハンドオーバー(基地局移動)に関する仕様を追加した「IEEE 802.16e」ベースの通称「モバイルWiMAX」の2種類がある。WiMAX Forumは同規格に対応した各社の通信機器の互換性と相互運用性をテストして認証を与えており、認証を得た「WiMAX準拠」の機器同士はメーカーが違っていても問題なく使用できることが保証されている。モバイルWiMAXの最初の規格は、電気通信に関する国際的な標準化団体であるIEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)が、2005年12月に定めた「IEEE 802.16e-2005」規格であり、この規格は第3.9世代(3.9G)移動体通信に位置付けられている。IEEE 802.16eは、6GHz帯以下の周波数帯を利用し、チャンネル帯域は1.25MHz〜20MHz(可変)、伝送速度は最大約75Mbps(20MHz帯域使用時)、最長伝送距離は1~3km程度、120km/hの高速移動でもセクター間のハンドオーバーが可能である。日本ではKDDIやIntelなどが出資したUQコミュニケーションズ株式会社が2009年7月より「UQ WiMAX」のサービス名称でモバイルWiMAXのサービスをスタートさせた。UQ WiMAXでは、下り最大40Mbps、上り最大10Mbps(2011年12月からは15.4Mbps)を実現している。モバイルWiMAXの後継規格は、2011年3月に定められた「IEEE 802.16m」で、「WiMAX2(正式名称はWiMAX Release2)」とよばれる。WiMAX2は第4世代(4G)移動体通信に位置付けられており、2013年のWiMAX2サービス開始を目指しているUQ WiMAXでは、WiMAX2なら下り最大330Mbps、上り最大112Mbpsの高速化を実現し、さらに時速350kmの高速移動中でも通信可能と発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

ブックリーダー

電子機器のディスプレイで読むことができる出版物「電子書籍」を閲覧するための専用端末(デバイス)のこと、またはパソコンやタブレット端末などで電子書籍を表示するためのアプリケーションソフトウエアの..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ