WiFi

無線LAN製品(IEEE 802.11シリーズ)の推進および相互運用性の保証を目指し互換性を検証する業界団体「Wi-Fi Alliance」によって名付けられたブランド名のこと。なお、Wi-Fi Allianceの設立当初の名称は「Wireless Ethernet Compatibility Alliance(WECA)」であった。Wi-Fi Allianceの認証を受けたことを示すブランド名称「Wi-Fi」は、無線LAN製品が標準規格であるIEEE 802.11シリーズ(IEEE 802.11a/b/g/n)規格に準拠していることを示している。Wi-Fi Allianceによって他製品との互換性などについてのテストが行われ、認定されたものは製品に「Wi-Fi CERTIFIED」のロゴを表示できる。ロゴには、「a」、「a/b」、「b/g」、「a/b/g/n」というように対応している規格が表示され、IEEE 802.11のどの規格に対応した商品であるかが一目で分かるようになっている。このロゴが表示された製品間であれば製造メーカーが違っていても組み合わせて問題なく使用できることが保証される。「(IEEE 802.11規格の)無線LAN」と「Wi-Fi」は同一であると解釈されることが多いが、本来はそれぞれ定義が異なるものである。Wi-Fiブランド製品としてWi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するためにはWi-Fi Allianceの認証試験を受け合格する必要があり、それがなされていないものはWi-Fiとは名乗れない。なお、無線LAN規格「IEEE 802.11」は、IEEE(米国電気電子学会)でLAN技術の標準を策定している802委員会で1997年に標準化された無線LAN規格である。電波方式(2.4GHz)と赤外線方式の2種類が定義されたが、電波方式が一般的に使われている。通信速度は2Mbps。IEEE 802.11のよび方は、英語では「I triple E eight O two dot eleven(略してdot eleven)」だが、日本語では「あいとりぷるいーはちまるにいてんいちいち(略してはちまるにいてんいちいち)」とよばれることが多い。第1世代であるIEEE 802.11を筆頭に、その後数多く誕生した拡張仕様群のことを「IEEE 802.11シリーズ」と呼ぶことがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Dolphin Browser HD

Android用のWebブラウザアプリ「Dolphin Browser」の新バージョンのこと。フリック操作でタブやメニュー間の移動が可能なタブブラウザである。ジェスチャーによるサイトの移動やア..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ