VPN

公衆回線を専用回線であるかのように利用し、共有ネットワーク上にプライベートネットワークを構築する技術・サービス。「仮想的な専用線」という意味で、「Virtual Private Network(略してVPN)」とよばれる。以前は音声通信(電話回線)で提供されていたサービスであったが、近年ではデータ通信における企業内ネットワークの拠点間接続などに利用されるケースが多い。VPNの中でもインターネットサービスプロバイダ(ISP)の提供する専用線網(IP網)を利用するものを「IP-VPN」とよび、ISP事業者のサービスとして提供されている。IP-VPNの安全性や通信速度はサービスを提供する事業者によって異なるが、グローバルなネットワークであるインターネットを利用する場合に比べると、安全性と通信速度は保証されている。一方、インターネットを利用するものを「インターネットVPN」とよび、主にIPsecやPPTP、TLSといったプロトコルが用いられる。インターネットVPNはインターネット上に「トンネリング」という仮想的なトンネルを作り、通常インターネットを経由することができないプライベートアドレスなどの通信を可能にすることでプライベートネットワークを構築する。代表的なインターネットVPNの方法として、トンネリングと暗号化を行う方法、トンネリングのみを行う方法、データのみ暗号化する方法の3種類があり、トンネリングを伴う方法を「トンネル・モード」、トンネリングを伴わずトランスポート層で暗号化のみを行う方式を「トランスポート・モード」とよんでいる。VPNのメリットとして、各拠点間の接続に専用線を導入する場合に比べて通信コストのコストダウンが可能となることや、海外の拠点との接続やモバイル環境からのアクセスが容易になることなどが挙げられる。ただし、共有ネットワーク上ではほかの企業のデータも混在して流れるので、対策を施さなければほかの企業にデータが丸見えとなってしまう。混信やデータの流出、不正使用、破壊などを防ぐため、データは認証や暗号化を行い厳重に保護・管理し、ファイアウォールによるネットワークセキュリティを確保するなどの対策が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

LTE Advanced

国際電気通信連合(International Telecommunication Union、ITU)の定める第4世代(4G)移動通信システム「IMT-Advanced規格」の1つ。LTE規格..

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ