spモード

2010年9月に提供が開始されたNTTドコモのスマートフォン向けインターネット接続(プロバイダ)サービスのこと。料金は月額315円。以前はNTTドコモのスマートフォンでインターネットを利用するには、同じくNTTドコモのプロバイダサービス「mopera U」への契約が必要であった。しかしmopera Uではiモードメールや絵文字、デコメールが使用できず(アドレスが「xxx@mopera.net」となる「mopera U メール」を使用することになる)、コンテンツやアプリケーションの料金を携帯電話料金と併せて支払うこともできなかった。一方、spモードではインターネット接続サービスのほか、iモードメール(アドレスが「xxx@docomo.ne.jp」)と同じアドレスが利用できるspモードメールが利用でき、iモード同様にデコメールや絵文字が使用できるようになった(デコメアニメには対応せず)。ほかにも、コンテンツ決済サービス「ドコモマーケット」や電話帳バックアップサービス、マイメニューの引き継ぎ、受信メールのウイルスチェックサービス、アクセス制限サービス、公衆無線LANサービス、災害用伝言板、災害用音声お届けサービス、docomo Application Manager、iコンシェル、ドコモ地図ナビなども利用できる。また、android端末のメールWiFi対応に合わせ、2011年2月1日から公衆無線LANサービスもオプションで利用できるようになった。月額300円でNTTドコモの公衆無線LANサービス「Mzone」のエリア(スターバックスコーヒーやタリーズコーヒー、モスバーガー、ロッテリア、ファーストキッチン、バーガーキングなどの店舗やJR、私鉄、地下鉄などの駅構内など、約3200のエリア、6800のアクセスポイント)で公衆無線LANを利用できる。しかし、一方でspモードの不具合が大きな問題となったこともあった。2011年12月20日、spモードメールにおいて他ユーザーのアドレスが誤って設定されるという事態が発生し、約10万人のユーザーが影響を受けた。この不具合は関西地区での伝送路の故障が原因とされているが、ユーザーの急増にサーバーの処理能力が追いつかなかったことが根本的な原因と考えられている。この不具合の前後にも通信速度が低下するなどspモードが利用しにくくなる不具合が相次いで発生し、多くのドコモユーザーに影響を与えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

スーパー3G

携帯端末向けの高速データ通信仕様の1つ。近年は「LTE(Long Term Evolution)」とよばれることの方が一般的となっている。NTTドコモやソフトバンクモバイルなどで採用している第..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ