QEMU

Fabrice Bellard氏が中心となって開発したオープンソースのLinux仮想マシンエミュレーターのこと。仮想CPUの命令コードをターゲットCPUの命令コードにリアルタイムに変換する「動的バイナリ変換」と呼ばれる手法を採用し、高速な動作が特徴。システム全体をエミュレーションする(フル)システムエミュレーションと、Linuxのユーザランド(カーネル以外の部分)をエミュレーションするユーザ(モード)エミュレーションの2つのモードがある。(フル)システムエミュレーションモードは、LinuxやWindowsなどのOSを動かすために利用されており、OSの動作確認用にQEMUが同梱されたりもする。スマートフォン/タブレットPC向けプラットフォーム「Android」のSDK(Software Development Kit、ソフトウェア開発キット)にも利用されている。CPUや各種ハードウェアをエミュレートしてゲストOS(仮想マシン上で動くOS)に提供したり、ゲストOSの画面をホストOS(仮想マシンエミュレータを動かす側のOS)上に表示したりといった処理を行う。一般的には、Linuxのカーネル(CPUやメモリといったハードウェアを直接コントロールする、OSの中核となるソフトウェア)が標準搭載しているハイパーバイザ(仮想化モニタ)の「Linux KVM(Kernel-based Virtual Machine)」とKVM用に改造したQEMUを併せて使用する。KVMは、ホストOSの環境を壊さないようにゲストOSの動作を制御する「仮想マシンモニター」と呼ばれる機能を持つ仮想化基盤である。このようにしてQEMUとKVMを使用することで、フルバーチャライゼーション(完全仮想化)と呼ばれるLinuxの仮想化環境を実現することができる。また、x86+Linux向けのアクセラレータとして用意されている「KQEMU」は、QEMUをより速く動作させることができるカーネルモジュールで、従来は商用であったが、現在はGPL(GNU General Public License)化され、オープンソースのフリーソフトウェアとなっている。QEMUは、x86、PowerPC、SPARC、MIPS、ARMといったCPU上のLinuxやWindowsなどで動作する。QEMUを実行できるCPUは、x86、PowerPC。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

SaaS

ネットワークを通じてユーザーが必要とするアプリケーションソフトの機能を、必要に応じて提供する仕組みのこと。クラウドコンピューティングにおける形態の1つといえる。代表的なものとして、Webメール..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ