OSS

Open Source Software(オープンソースソフトウェア)の略。オープンソースの考え方に基づき、ソフトウェアの設計図にあたるソースコードをインターネットなどで無償で公開し、誰でも改良や再配布を行うことが許されていること、もしくはそのようなソフトウェアのこと。代表的なソフトウェアにOSのLinuxや、オフィススイートのOpenOfficeなどがある。フリーソフトウェアとほぼ同じ意味で使われるが、厳密にオープンソースソフトウェア=フリーソフトウェアと定義付けできるものではない。オープンソースに関する啓蒙団体であるThe Open Source Initiative(OSI)とフリーソフトウェア財団(FSF)とで「オープンソース」に対する考え方に違いがある点からも、両者の安易な混同は避けるべきである。また、OSIによって定義された「The Open Source Definition(OSD)」に準拠していると認定された、ライセンスに基づくソフトウェアを「OSS」とよぶこともある。OSDの定義は、「自由な再頒布ができること」、「ソースコードを入手できること」、「派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適用できること」、「差分情報の配布を認める場合には、同一性の保持を要求してもかまわないこと」、「個人やグループを差別しないこと」、「適用領域に基づいた差別をしないこと」、「再配布において追加ライセンスを必要としないこと」、「特定製品に依存しないこと」、「同じ媒体で配布されるほかのソフトウェアを制限しないこと」、「技術的な中立を保っていること」の10項目からなっている。OSIがOSD準拠と認定しているライセンスには、マサチューセッツ工科大学(MIT)を起源とする「MIT License(X11 License)」、カリフォルニア大学バークレー校を起源とする「BSDライセンス(Berkeley Software Distribution License)」、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団による「GNU General Public License(GPL)」、「GPL 3」、「GNU Lesser General Public License(LGPL)」、「GNU Free Documentation License(GFDL)」、Apacheソフトウェア財団による「Apache Software License」、IBMが提唱した「Common Public License(CPL)」などがある。日本語で「オープンソース」と言った場合、「ソースコードが無償で公開されている」ということだけの定義を指すことが多く、必ずしもOSDの内容を満たしているとは限らないので注意が必要である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Apex

Apple社のスマートフォン向けOS、iOS4.0のコードネーム。 アメリカのスキー場が由来となっている。

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ