Ophone

中国の国営携帯電話事業者チャイナ・モバイル(中國移動)社が開発したスマートフォン向けプラットフォームのこと。チャイナ・モバイルは中国国家が直轄運営している企業で、携帯電話の契約者数が5億人を超える世界最大規模の移動体通信事業者(キャリア)である。GSM方式と第3世代(3G)携帯電話の中国独自仕様である「TD-SCDMA」方式による携帯電話サービスを全国展開している。なお、中国ではチャイナ・モバイルに次ぐ規模のキャリアであるチャイナユニコム(中国聯合通信)は、Androidをベースにした独自のプラットフォーム「UPhone」を開発しているほか、2009年8月にはApple社のiPhoneの中国国内における販売開始を発表した。OPhoneはAndroidをベースに独自のカスタマイズを施した、中国語対応のプラットフォームで、通信規格には、TD-SCDMA方式が採用されている。Androidに中国の清華大学系ベンチャー企業「博思通信(BORQS)」による拡張を加えた構成であるため、中国国内向けにOPhoneを販売しているメーカーが、中国国外でほぼ同じ製品にAndroidを組み込んでAndroidスマートフォンとして販売しているケースも多い。ベースとなったAndroidから大幅にカスタマイズされたUI(ユーザーインターフェイス)やアプリケーションを備え、メニュー画面である「Tidy Home」は、iPhoneによく似たデザインが採用されている。APIはAndroidに準拠しているため、Android用のアプリケーションは動作させることが可能である。また、OPhone専用の拡張APIも用意されており、OPhone専用のアプリケーションも開発することができる。ウィジェットのシステムには、Androidウィジェットではなく、「JIL ウィジェット」を採用している。「JIL ウィジェット」は、ソフトバンクなどが設立した合弁会社「Joint Innovation Lab(JIL)」が開発提供する携帯電話用ウィジェットプラットフォームである。なお、2010年7月にJILはモバイルアプリケーションの業界団体「The Wholesale Applications Community(WAC)」に合流している。OPhoneを搭載した端末は2009年から販売が開始されており、今後様々な端末メーカーから発売される予定で、Motorola、サムスン電子、LG電子、HTC、Lenovo(聯想)、dopod(多普達)、Hisense(海信)、Dell、Philips、ZTE(中興)などの端末メーカーがその製造に参加することを表明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Java SE

Java Platform, Standard Editionの略で、Java仮想マシン(Java VM)やJava APIなどの集合体のこと。以前はJ2SE(Java 2 Platform,..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ