MVNO

「Mobile Virtual Network Operator」の略で、携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のこと。「仮想移動体通信事業者」とも訳される。電話やインターネット接続といった有線の通信回線を提供する事業者においても、自社の通信インフラを持つ第一種電気通信事業者と、通信インフラの一部を借り受けて事業を行う第二種電気通信事業者に分けられる。MVNOは、移動体通信における第二種電気通信事業者のようなものといえる。携帯電話事業への参入には、電波利用免許の交付を受けることが非常に困難なことや、サービスの開始にあたって多額の設備投資が必要なことなどが大きな障壁となるが、MVNOによる参入ならば免許のない事業者でも設備投資を大幅に抑えたサービス開始が可能となる。MVNOに対し、自社の無線通信インフラをMVNO事業者に提供する事業者のことを、移動体通信事業者 (Mobile Network Operator、MNO)と呼ぶ。MNOにとっても、MVNOの参入はMNOが自社で拡販を行うことなく設備の稼働率を上げることができるというメリットがある。MVNOには、単に回線を提供するだけでなく、独自のコンテンツや企業向けソリューションサービスを提供したりするなど、MNOにはない独自のサービスを付加している事業者が多い。日本ではあまり馴染みのないMVNOだが、欧州などではイギリスのVirginグループが提供するMVNOサービス「Virgin Mobile」をはじめ、数多くのMVNOが存在する。日本で最初のMVNOは、携帯電話回線ホールリセールなどを手がける日本通信がDDIポケット(現WILLCOM)のPHS網を借りる形で2001年にサービスを開始した法人向けデータ通信サービス「b-mobile」である。他にも、FOMAハイスピード網を使用したTikiTikiインターネットのデータ通信サービス「Tikiモバイル 3G」や、EMOBILE G4/EMOBILE LTEを利用したニフティのデータ通信サービス「@nifty EMOBILE LTE」、FOMAハイスピード網を利用したNTTぷららの「ぷららモバイル」、NTTドコモとイー・モバイルのHSDPA通信を利用したIIJ(インターネットイニシアティブ)の企業向けモバイルアクセス通信「IIJモバイル」、FOMA回線やSoftBank 3G回線を利用したWILLCOMの「WILLCOM CORE 3G」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

フルキーボード

パソコンなどにおいては、テンキーやファンクションキーなど、入力に必要な全てのキーを備えたキーボードのこと。スタンダードキーボードとも呼ばれる。これに対してノートパソコンなどにみられるテンキーを..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ