Moblin

Intel社主導で開発されたネットブックなどのモバイル端末向けLinuxディストリビューションのこと。最新の安定版は2009年11月にリリースされたバージョン2.1。Linuxディストリビューションとは、Linux(カーネル)を一般ユーザがインストール・利用できる形にパッケージ化したもののことで、MoblinはLinuxカーネルにネットブック向けの様々なライブラリやアプリケーションを搭載している。Atomなどのインテルプロセッサを採用している超小型PC(ネットブック)やMobile Internet Device(MID)などのモバイル端末で使用されることを想定して開発されており、低スペックのハードウェアでも軽快に動作するよう軽量化が施され、ユーザインターフェイスもモバイル端末に適したものとなっている。アプリケーションサービス層を構成するソフトウェアは、そのほとんどがオープンソースで、ウインドウシステムの「X Window System」、3次元グラフィックスライブラリの「Open GL」、HTMLレンダリングエンジン「Gecko」などが搭載されている。Intel社は、一旦はMoblin事業の売却を表明していたが、結局2009年4月にLinuxの普及をサポートする非営利団体「リナックスファウンデーション(The Linux Foundation、LF)」に事業が移管された。Linuxディストリビューション「gOS」を開発したGood OS社はMoblinのサポートを表明。UNIX系OS「UnixWare」を開発したNovell社(現Attachmate社)もMoblinとの協業を行うと2009年5月に発表した。2010年からNokia社の「Maemo」というモバイル向けLinuxのプロジェクトと統合し、新しいモバイル向けプラットフォーム「MeeGo」を展開し、2010年5月にMeeGo v1.0をリリースした。しかし、2011年2月のNokia社とMicrosoft社の提携を機に、Nokia社はSymbian OSとMeeGoを捨ててWindows Phone 7プラットフォームによるスマートフォン開発に集中する方針を発表。当時Intel社はMeeGoの継続を表明していたが2011年9月にMeeGoの撤退を表明。これをもってMeeGoは開発終了となった。2011年9月に唯一のMeeGo搭載のスマートフォン「N9」がNokia社から発売されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

CyanogenMod

オープンソースのスマートフォン、タブレット向けプラットフォームであるAndroidをベースにカスタマイズされたファームウェア・ディストリビューション(アフターマーケット・ファームウェア)のこと..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ