M1000

米国の電子・通信機器メーカーMotorola社が開発した携帯電話(スマートフォン)「FOMA M1000」のこと。NTTドコモからビジネス用サービス「ビジネスFOMA」として2005年7月に発売された。2004年に発売されたMotorola社製の海外向け携帯端末「Motorola A1000」をベースに開発された端末で、無線LANに対応するよう改善されたほか、メニューが日本語化されるなど、日本での使用に合わせていくつかの変更が施されている。携帯電話というよりもPDAに近い外観や機能を備えており、Symbian OS 7.0を搭載している。2002年に発売されたPDA一体型FOMA端末「SH2101V」以来のPDAタイプの端末で、NTTドコモ初のスマートフォンともいえる端末である。また、2008年に「FOMA F1100」が発売されるまで、NTTドコモの端末において、個人で購入可能な唯一のスマートフォンでもあった。W-CDMA方式のFOMA回線だけでなく、GSM/GPRS方式にも対応している。ほかにも無線LAN(IEEE 802.11b)やBluetooth、国際ローミング(WORLD WING)も使用が可能である。本体には数字キーはなく、発売当時FOMA最大の大きさを誇る2.9インチ(208×320ドット)のTFT液晶ディスプレイを使ってタッチパネルとスタイラスペンによる入力を行う。文字の入力はソフトテンキー(ダイヤルスクリーン)、ソフトキーボードによる入力のほか、スタイラスペンによる手書き入力にも対応している。CPUには、Texas Instruments社の「OMAP1510(168 MHz)」を採用し、メインメモリ32MB、フラッシュROM 32MB。そのほかにユーザーメモリを24MB搭載している。さらに、メインカメラには約131万画素のCMOSカメラを、サブカメラには約31万画素のCMOSカメラを備えている。OSには、ほかの多くのNTTドコモ端末にも採用されているSymbian OSを採用しているが、NTTドコモの端末で唯一UIQインタフェースを採用している。そのためネイティブアプリケーションのインストールが可能である。NTTドコモのサイトで開発ツールも配布している。ただし、iアプリの利用はできない。また、iモード関連機能は搭載しておらず、POP3・IMAP4に対応したメールソフトを使用して、パソコン向けの電子メールサービスを利用しなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Windows Mobile

Microsoft社のスマートフォン、携帯電話、PDA向けOSのこと。それまでPDA向けOSは「Pocket PC」シリーズ、携帯電話向けOSは「Smartphone」シリーズとして展開してい..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ