LTE Advanced

国際電気通信連合(International Telecommunication Union、ITU)の定める第4世代(4G)移動通信システム「IMT-Advanced規格」の1つ。LTE規格を標準化している「3GPP(Third Generation Partnership Projectz)」が、LTE規格の第10版(Release10)、そして11版以降として準備している規格がLTE Advancedである。LTE Advancedは、第3.9世代(3.9G)移動通信システムと呼ばれるLTEをさらに発展させたものである。特徴としては「LTEとの互換性を保って性能を向上させていること」、「MT-Advancedの基準を満たす通信スピード(下りで静止/低速移動時最大1Gbps、高速移動時100Mbps、上りで500Mbps以上)であること」、「世界中で使える各種機能とローミングを実現していること」などが挙げられる。LTE Advancedの高速通信を支えるのは、LTEよりもさらに高度化されたMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術による広帯域化である。MIMOとは、アンテナを複数組み合わせることでデータ送受信の帯域を拡大する技術で、LTEでは4×4MIMOであったが、LTE Advancedでは8×8MIMOと、より多くのアンテナで通信できるようになった。また、LTEでは上り方向のMIMOは利用されていなかったが、LTE Advancedでは上り方向の利用も行う。LTE AdvancedはLTEとの互換性が保たれるため、LTE Advanced対応の端末や基地局はLTEでも通信が可能であり、今後LTEサービスを提供する事業者がさらなる高度サービスとしてLTE Advancedサービスを提供していくことが想定される。日本国内では、2011年1月にNTTドコモがLTE Advancedの実験用予備免許を取得しており、1.5GHz帯(band21)を利用して2016年以降の商用サービス開始を目指している。なお、NTTドコモでは他社に先駆けてLTEサービスの「Xi」を2010年12月から提供しており、他社もそれに追随するものと予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

ICCID

「Integrated Circuit Card ID(IC Card ID)」の略で、SIM(USIM、UIM)カードに付与された固有の番号のこと。端末識別番号である「IMEI(Intern..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ