IEEE802.11b

無線LAN規格「IEEE 802.11」の拡張仕様の1つ。正式名称は、「IEEE 802.11 High-Rate Direct Sequence」で、単に「IEEE 802.11 High-Rate」、または「11b」と略されてよばれている。IEEE 802.11とは、IEEE(米国電気電子学会)でLAN技術の標準を策定している802委員会で1997年に標準化された規格である。IEEE 802.11のよび方は、英語では「I triple E eight O two dot eleven(略してdot eleven)」だが、日本語では「あいとりぷるいーはちまるにいてんいちいち(略してはちまるにいてんいちいち)」とよばれることが多い。IEEE 802.11bは、IEEE 802委員会の「ワーキンググループ11」の「タスクグループB」が1999年に策定した規格で、2.4GHzのISMバンドという周波数帯域を利用している。通信速度はIEEE 802.11の約5倍の11Mbps(オプション規定で22Mbpsのものもある)を実現することができた。IEEE 802.11bの上位規格であるIEEE 802.11gが普及するまでは、「無線LAN」といった場合には、IEEE 802.11bのことを指す場合が多かった。それほど一般的に普及した無線LAN規格である。なお、2.4GHzの周波数帯を使うため、同じ2.4GHz帯を使用する電子レンジやBluetooth機器と電波干渉を起こし、通信速度の低下などが発生する場合がある。Wi-Fi Alliance(IEEE 802.11シリーズの推進および相互運用性の保証を目指す業界団体)の互換性テストに合格したIEEE 802.11b対応製品には、「Wi-Fi Certified 802.11b」の認定が与えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Android

Android社を買収したGoogleが開発しているOS。LinuxカーネルやWebKit、Dalvikと呼ぶ独自の仮想マシンなどで構成される。

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ