IEEE 802.16a

屋外のアンテナを使用する無線LAN規格「IEEE 802.16」の使用周波数帯を変更した追加仕様で、固定基地運用の無線通信規格である。2003年1月にIEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.、米国電気電子学会)によって標準化された。IEEE 802.16規格は10~66GHzの周波数帯を使用していたが、IEEE 802.16a規格では2~11GHzを使用する。通信速度や最大距離はIEEE 802.16規格と変わらず、1台のアンテナで半径約50kmをカバーし、最大で70Mbpsの通信が可能。人口の少ない地域や、光ケーブルなどの高速通信回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域において、インターネット接続の最終行程「ラストワンマイル」と呼ばれるエンドユーザー側の通信回線を無線で代替する通信方式として用いられている。IEEE 802.16およびIEEE 802.16aを「WiMAX」と同義で扱われることがあるが、正しくはIEEE 802.16aとIEEE 802.16dを整理・統合した「IEEE 802.16-2004」規格のことを「WiMAX(World Interoperability for Microwave Access)」と呼んでいる。WiMAXは20MHz帯時最大74.81Mbpsの最大伝送速度を実現。複数のアンテナでデータを送受信するMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を利用しているため、安定した通信が期待できることと、1つの基地局がカバーする範囲が2km~10km(出力によっては最大50km)と非常に広範囲なため、移動中に通信が切れることが少ないことが大きな特徴である。現在WiMAXの規格には、IEEE 802.16-2004ベースの固定通信(Fixed Wireless Access、FWA)向けのものと、IEEE 802.16-2004にハンドオーバー(基地局移動)に関する仕様を追加した「IEEE 802.16e」ベースの通称「モバイルWiMAX」の2種類がある。なお、「WiMAX」の名称は業界団体「WiMAX Forum」による愛称で、WiMAX Forumは同規格に対応した各社の通信機器の互換性と相互運用性をテストし、認証を与えている。こうして認証を得た「WiMAX準拠」の機器同士はメーカーが違っていても問題なく使用できることが保証されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

デジタルデバイド

パソコンやインターネットといった情報技術(IT)を自由に使いこなせる者と使いこなせない者との間に生じる様々な格差のこと。「情報格差」と意訳されることもあり、文脈によってその持つ意味合いは変わっ..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ