HP webOS

PDAで一世を風靡した旧Palm社(2010年からはHP社の一部門)が開発したスマートフォン用OSおよびソフトウエアプラットホームのこと。2009年1月、ラスベガスのConsumer Electronics Show(CES)で初のwebOS搭載機「Palm Pre」を発表。Palm PreはアメリカのSprint Nextel社から2009年6月に発売された。LinuxとWebKitを中核に開発され、iTunesとの同期が可能なPalm Media Sync機能を搭載したり、マルチタッチスクリーンをサポートするなど、Apple社のiPhoneを強く意識した設計となっている。Webブラウザはストリーミングビデオ(RTSP、H.263、H.264)をサポートし、HTML5、JavaScript、CSSなどのウェブ標準技術によるアプリケーション開発を前提としているなど、インターネット利用を意識した設計がなされている。webOS用のFlash Player(10.1以降)もアドビシステムズから提供されている。他にも、自機とWeb上の情報をシームレス検索できるユニバーサル検索機能やTwitter検索機能、Palm PreとPC、Webサイト上のアカウント情報などを一元管理できる「Palm Synergy」機能などを備えている。webOSの開発環境としては、webOS SDK(Palm Mojo SDK)を提供し、Palm Pre用のアプリケーションストア「webOS App Catalog(現在はサービス終了)」も開設した。また、従来のPalm OS開発者向けに「Classic」というPalm OS用のエミュレーターの提供も発表された。2011年7月に初のwebOS搭載ダブレット端末「HP TouchPad」を発売。ところが、2011年8にHPは、「HP webOS」を採用したスマートフォンとタブレットの事業を終了すると発表。AppleのiOS、GoogleのAndroidに次ぐ「第三勢力」になるのではと注目を集めていたが、HP TouchPadの発売からわずか1カ月半での事業終了発表となった。しかし、同年9月に前任CEOの退任に伴いHPの新CEOに就任したメグ・ホイットマンが事業継続を発表。その3ヶ月後の12月にwebOSのオープンソース化を発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

フリック入力

主にマルチタッチ方式のスマートフォンで採用されている日本語文字入力方式のこと。テンキーのように配置されたひらがなのあ段(あかさたなはまやらわ)のボタンの周囲に、十字型または扇形に他のい〜お段の..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ