HDMI

High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略で、AV機器や家電向けのデジタル映像・音声入出力インターフェース規格のこと。Silicon Imageを中心に、日立製作所、松下電器産業、Philips、ソニー、Thomson Multimedia、東芝の7社が共同で開発し、2002年12月に規格が策定された。パソコンとディスプレイの接続に使用されるデジタルインターフェース「DVI(Digital Visual Interface)」をベースに、音声伝送機能やコンテンツの著作権保護、色差伝送機能といったAV家電向けの改良が付け加えられている。なお、DVIは、DDWG(Digital Display Working Group)という産業界のコンソーシアムが開発した映像出力インターフェースの標準規格で、同じコネクタでアナログとデジタル伝送を選択できる規格として唯一広く普及した。DVIもHDMIも、Silicon Imageが開発したデジタル映像伝送技術「TMDS(Transition-Minimized Differential Signaling)」をベースにしており、DVI規格とHDMI規格は部分的に互換性を持っている。HDMIは、物理層にはT.M.D.S.(Transition Minimized Differential Signaling、遷移時間最短差動信号伝送方式)が、信号の暗号化にはデジタル著作権管理技術のHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)が、機器間認証にはEDID(Extended display identification data)が、系全体の制御系接続にはCEC(Consumer Electronics Control)が採用されている。2005年に薄型テレビの一部上位機に初めて採用され、HD元年とうたわれた2006年以降はプレイステーション3や薄型テレビなど多くの大手メーカーの採用により急速に普及。この2006年にはHDMIに連動操作機能を加えた「HDMIリンク」が登場した。2008年頃からはパソコンでも普及が進み、今後はAV家電のスタンダード規格となる見込みが大きい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

オープン・ハンドセット・アライアンス

オープン・ハンドセット・アライアンス(Open Handset Alliance)は、携帯電話における共通のソフトウェア基盤「Android」の開発・普及を推進するための業界団体。しばしば「O..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ