docomo Palette UI

NTTドコモが開発した、同社独自のAndroid向けホームアプリケーション(ユーザーインターフェース、UI)のこと。2011年夏モデルのスマートフォン、iモードケータイより搭載されており、アプリケーションや機能をグループ分けしたり自分の好みにカスタマイズしたりでき、スマートフォンでもiモードケータイでも共通の操作性を実現している。2012年5月現在の対応機種は、ドコモスマートフォン「docomo with series」のLUMIX Phone P-02DやMEDIAS ES N-05Dなど16機種、ドコモスマートフォン「docomo NEXT series」のMEDIAS PP N-01DやGALAXY S II SC-02Cなど12機種、iモードケータイ「docomo STYLE series」のP-03DやSH-03Dなど9機種(一部「Webページウィジェット」や「きせかえ機能」非対応のものもあり)である。スマートフォン初心者でも使いやすいインターフェースにこだわって開発されており、「最近使ったアプリケーション」や「ドコモサービス」、「基本機能」、「便利ツール」、「エンターテイメント」、「おサイフ/ショッピング」、「設定」、「ダウンロードアプリケーション」といったわかりやすいグループが用意されている。ただし、スマートフォンとiモードケータイでは、端末の特性が異なることからdocomo Palette UIの操作や機能に違いがある。スマートフォンでは、アプリケーションがグループごとに分類されており、グループ名をタッチすることでそのグループ内のアプリケーションが展開される。グループの作成、グループバーのカラー変更、アイコンの並び替えなどのカスタマイズも可能で、頻繁に閲覧するWebサイトを「Webページウィジェット」でホーム画面に貼り付けることもできる。また、ホーム画面は最大12面まで増やすことができ、多くのウィジェットを貼り付けることができる。さらに、きせかえ機能にも対応しており(一部機種を除く)、プリインストールされているもののほか、ダウンロードすることで好みのきせかえコンテンツを追加することもできる。iモードケータイのユーザーインターフェースは、待受画面の左右に配置できるMyFACEコンテンツと待受画面で下キーを押すと遷移するショートカットエリアで構成されている。MyFACEコンテンツは、さまざまな情報を自動更新で取得でき、最大11枚まで設定が可能。また、頻繁に使用する機能やページ、アプリケーションなどはショートカットエリアに配置することで、簡単なアクセスができるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

周波数オークション

電波の割当方式の1つで、放送や通信などの事業に電波を利用したい電気通信事業者に、オークション方式で電波の周波数帯を割り当てる方式のこと。電波オークションともよばれる。競争入札の結果、最も高額な..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ