CSS3

「Cascading Style Sheets, level 3」の略で、Webページのデザインを定義するための言語「CSS(スタイルシート)」の3番目の規格のこと。CSSは、1996年12月に最初の規格がWorld Wide Web Consortium(W3C)によって勧告された。この規格はCSS1とよばれ、ではフォントプロパティ、色・背景のプロパティ、テキストプロパティ、ボックスプロパティ、類別プロパティなどが策定されている。その後、1998年5月にCSS1の上位互換であるCSS2で大幅な改訂が行われ、モニターや TV、紙媒体などの表示媒体の違いに合わせた自動的なスタイルシートの変更や、音声ブラウザへの対応、印刷媒体への対応などができるようになった。現在のスタイルシートの多くは、このCSS2を基本としている。2004年2月にはCSS2のマイナーチェンジであるCSS2.1が勧告候補と上がり、2011年6月に勧告された。CSS2.1は、不明瞭であったCSS2仕様書の定義の曖昧な記述を明確にするといった改訂が行われている。CSS2の勧告から数えると10年以上の歳月を経ての改訂版となるCSS3は、「細分化して管理するという考え」から全体をモジュール化(「セレクタ」、「テキスト」、「フォント」など)し、ユーザーエージェントがモジュールに対応するかしないかを自由に選択できるようになった。また、縦方向の書字やHTML以外の規格に関与したことと、さまざまな新仕様が追加されたことでよりグラフィカルな表現が可能となった。具体的には、従来はJavaScriptで行っていたアニメーション効果や入力内容チェックといった機能をCSS3だけで実現できるようになる。そのほかにも、Webサーバーからフォントをダウンロードしてブラウザ上で表示させることができたり、角丸の四角形や2D/3Dの変形、シャドウ、グラデーション、透過色など従来のCSSでは難しかった表現を表現できたりするようになった。CSS3の仕様は現在策定が進められている最中であり、まだすべては確定していない。しかし、Internet Explorer 9などの主要なWebブラウザでは、既に対応が始まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けコーダー様向けデザイナー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Android 2.0

スマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどを対象に開発されたプラットフォーム(OSやミドルウェア、ユーザーインターフェースなどさまざまなアプリケーションをセットにしたソフトウェアの集合体)「..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ