CHTML

「Compact HyperText Markup Language」の略で、HTMLを携帯端末向けにコンパクトにまとめたマークアップ言語のこと。コンパクトHTMLとも呼ばれる。アクセス、松下電器産業、日本電気、富士通、三菱電機、ソニーの6社が共同で開発した。HTMLから余分な仕様を除いたサブセットで、モバイル機能を強化するためのタグが追加されている。NTTドコモのiモードで利用されているiモード対応HTML(iHTML)も、CHTMLに電話番号へのリンクを埋め込む「tel要素」などのオリジナルの拡張タグを加えて利用されている。HTMLと下位互換性があるため、HTMLで作成したコンテンツを容易に流用できるという利点がある。データ転送量を削減するためにタグの表記も短い文字列に変更されている。また、携帯電話の小さなディスプレイでは表示できない要素などの不要なものは省かれており、テーブルレイアウト、JavaScript、CSSには対応していない。ただし、Flashには対応している。文字コードはShift JISにのみ対応。半角カナの使用が認められている。画像データは、以前はGIFフォーマットにのみ対応していた。現在はJPEGフォーマットが利用できるものも多く、端末によってはPNGフォーマットにも対応できる。各キャリアでサービスを提供している、いわゆる「デコメ」は、携帯電話でCHTML形式のメールを編集・送受信できるメールサービスである。このようなCHTML形式のメールには、NTTドコモの「デコメール」、auの「デコレーションメール」、ソフトバンクモバイルの「デコレメール(旧称アレンジメール)」 、 ウィルコムの「デコラティブメール」などがある。携帯電話などの携帯端末でインターネット閲覧などのサービスを利用できるようにする為の技術仕様であるWAP(Wireless Application Protocol)2.0の規格制定にあたっては、コンテンツ記述言語として従来までのWMLとならんでCHTMLとXHTML Mobile Profile(XHTML/MP)の3つが併記された。なお、FOMAのような第3世代(3G)携帯電話に用いられるコンテンツ記述言語は、XHTMLをベースにした記述言語が標準となっており、CHTML同様に各キャリアが独自の拡張を図っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けコーダー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

BlackBerry Pearl

カナダのResearch In Motion(RIM)社のスマートフォンブランド「BlackBerryシリーズ」の小型軽量モデルのこと。ストレートタイプのものと折りたたみタイプのもの(Blac..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ