Bluetooth

デジタル機器向けの近距離無線通信規格の1つ。IEEEでの規格名は「IEEE 802.15.1」。デジタル機器間で電波を使用して簡易な情報のやりとりを行う際に使用される。世界統一規格の近距離通信技術であり、セキュリティ面での強さや干渉に強い点、低消費電力であること、指向性がなく遮蔽物などに影響されないこと、免許不要で使用でき通信費などもかからないことなどが特徴として挙げられる。仕様策定や技術利用に対する認証、普及推進を行っているのはBluetooth SIGで、当初のプロモーター企業はEricsson、Intel、IBM(現在はLenovo)、Nokia、東芝の5社であった。この5社が策定し、その後Microsoft、Motorola、3COM、Lucent Technologiesの4社が加わる。現在は3COM、ルーセント・テクノロジーの2社が脱退、Apple、Nordic Semiconductorの2社が加わり、プロモーター企業は合計9社となった。Bluetoothの名称は技術開発を行ったスウェーデンの通信機器メーカー、Ericsson社の技術者がつけた。「乱立する無線通信規格の統合」という願いを込め、ノルウェーとデンマークを無血統合したヴァイキング人「ハーラル・ブロタン・ゴームソン 」の名「ブロタン」を英語の音で表したもの。日本ではBluetoothを直訳した「青歯」という俗称でよばれることがある。Bluetoothで使われている2.4GHz帯の電波(ISMバンド)は免許申請や使用登録が不要であり、最大24Mbpsの無線通信が可能である。この2.4GHzの周波数帯を79の周波数チャネルに分け、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行い通信する。使用可能範囲は数mから数十m程度である。Bluetoothは、その使いやすさからさまざまなデジタル機器に採用されている。無線モデムやマウス、キーボード、プリンタ、スキャナ、ゲーム機、携帯電話、スマートフォン、PHS、カーナビ、デジタルオーディオプレーヤー、ワイヤレスヘッドフォン、さらには体重計や補聴器、腕時計などBluetoothを採用するデジタル機器は実に多岐にわたる。たいへん優れた無線通信規格であるが、問題点が全くないわけではない。音響製品においては、若干の音の遅れが認められ、音声を圧縮することによる低音質化も指摘されている。また、製品によっては事前にパスキーが固定されているものもあり、通信相手がパスキーを指定できない場合は接続できない。また、SCMS-T方式のコンテンツ保護を採用している機器では、SCMS-T方式に対応したレシーバでなければ通信できないといった問題も生じている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

4G

第4世代の携帯電話通信方式のこと。「4G」の「G」は「世代」を表す「Generation」の略であり、4Gは「4th Generation」を略している。「Beyond 3G(B3G)」や「B..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ