bada

韓国の電子機器メーカー「サムスン電子(Samsung Electronics)」社が2009年11月に発表した独自のモバイル向けプラットフォームのこと。「bada」とは韓国語で「海」という意味である。GoogleのAndroid、AppleのiOS、MicrosoftのWindows Phoneと並ぶ新たなモバイルプラットフォームとして市場に加わった。オープンなモバイル向けプラットフォームとして、ソフトウェア開発キット(SDK)と共に提供されている。badaは従来サムスン電子社が携帯電話で使用してきた独自OSをスマートフォン向けにアップグレードしたもので、実績のあるOSをベースに開発されたものということもあり、安定性にも定評がある。badaはこれまでにサムスン電子社のWaveシリーズなど、低価格帯のスマートフォンに採用されており、2011年のスマートフォンOS世界シェアにおいて約2%を占めている。これはMicrosoftのWindows Phoneを上回るものである。badaを発表したサムスン電子社は、今後AppleのiPhoneのようにOSとハードウェアをセットにして販売、アプリケーション開発用キットをオープンにして第三者の開発を促し、独自のアプリストアを展開することを検討していた。その方針を実現させるため、2010年には世界各国で開発者向けのセミナーやカンファレンスを実施している。これまでサムスン電子社は、Symbian OS、Linux OS、Android OS、Windows Phone OSとあらゆるOSを採用した携帯端末を開発してきた。ところがSymbian OSでの開発は2010年いっぱいで打ち切ると2010年9月に発表している。これはAndroid端末を主力としながらも、独自プラットフォームであるbadaを搭載した端末の展開に力を入れるのではないかと見られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Jasper

Apple社のスマートフォン向けOS、iOS4.2のコードネーム。 アメリカのスキー場が由来となっている。

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ