Android 1.5

スマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどを対象に開発されたプラットフォーム(OSやミドルウェア、ユーザーインターフェースなどさまざまなアプリケーションをセットにしたソフトウェアの集合体)「Android」の3代目バージョンのこと。Googleを中心に、Motorolaなどの端末メーカー、NTTドコモやKDDIなどの通信事業者、Intelなどの半導体メーカーら多くの企業で構成される業界団体「Open Handset Alliance(OHA)」が開発した。ソフトウェア開発キット(SDK)のリリース日は2009年4月30日である。Androidの最大の特徴は、ソースコードが一般に公開されているオープンソースソフトウェアであるという点である。オープンソースOSであるLinuxをベースに開発されており、誰でも自由にアプリケーションソフトを開発することができる。バージョン1.5の主な変更点としては、オートコンプリート機能を搭載した新しいソフトウェアキーボードを搭載した点や、デスクトップ上のウィジェットとフォルダが新しくなった点、camcorderモードで動画の録画と撮影が出来るようになった点、Bluetooth A2DPをサポートした点などが挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けコーダー様向けスマートフォンユーザー向け

関連リンク

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Alpine

Apple社のスマートフォン向けOS、iOS1.0のコードネーム。 アメリカのスキー場が由来となっている。

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ