ワイヤレスネットワーク

いわゆる無線LANのこと。信号の伝送に赤外線や電波などを使用し、無線でデータ通信を行う仕組み。ワイヤレスLAN(Wireless LAN、Wave LAN)、またはそれを略してWLANともよばれる。多様な規格があり、赤外線ではIrDA、電波ではEthernet規格の一部であるIEEE 802.11、IEEE 802.11a、IEEE 802.11bや、Bluetooth(IEEE 802.15.1)、HomeRFなどがある。IEEE 802.11iに準拠したものはWi-Fiともよばれる。また、IEEE 802.15を使用したものを特に無線PAN(Wireless Personal Area Network、略してWPAN)とよぶこともある。通信速度は赤外線で数Mbps、電波で10Mbps程度と100Mbps以上を実現する有線にはかなわないものの、無線で通信できることのメリットは大きく、最近では特にその利用価値が高まってきている。ただし、電波で通信を行うという特性上、通信内容を第三者に傍受される危険性は常に伴う。そのため、アクセスポイントと通信を行う機器間とのセキュリティ対策は必須である。セキュリティ対策の方法としては、ネットワークキーというパスワードを用いる方法などが用いられる。また、暗号化通信におけるセキュリティ技術の代表的なものにはWEPやWPA、WPA2、IEEE 802.11iなどがある。これらの暗号化通信ではネットワークキーを用いて通信機器を限定し、さらに通信内容を暗号化することで第三者による傍受を防ぐことができる。近年では各家庭やオフィス内でワイヤレスネットワークを利用するだけでなく、屋外や駅や空港などの公共施設、ホテルや飲食店などの店舗に設置されたアクセスポイントを通じて、インターネットの無線接続環境を提供する公衆無線LANサービスも一般的となってきた。無線LANに対応していれば、ノートパソコンだけでなくPDAやスマートフォン、ゲーム機などでも利用することができ、その利用者も増加している。有料サービスではNTT東西のフレッツ・スポットやソフトバンクテレコムのBBモバイルポイント、無料サービスではFREESPOT協議会のFREESPOTやフォン・ジャパンのFONなどが有名である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

CDMA

携帯電話などに使用される無線通信方式の一つ。「Code Division Multiple Access」の略で、符号分割多元接続(または符号分割多重接続)とも訳される。スペクトラム拡散を基盤..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ