公衆無線LAN

屋外や駅や空港などの公共施設、ホテルや飲食店などの店舗に設置されたアクセスポイントを通じて、インターネットの無線接続環境を提供するサービスのこと。無線LANに対応していれば、ノートパソコンだけでなくPDAやスマートフォン、ゲーム機などでも利用することができる。最近では無線LANの1つであるWiFiに対応した機器が増えてきていることもあり、その利用者も増加してきている。公衆無線LANサービスを利用できる場所の呼び名はホットスポットのほか、アクセスポイントや無線LANスポット、フリースポット、WiFiスポットなどともよばれる。なお、「ホットスポット」は公衆無線LANサービスを指す一般的な名称としてよぶこともあるが、NTTコミュニケーションズが提供する無線LANサービスの登録商標である。公衆無線LANの有料サービスの代表的なものに、前述したNTTコミュニケーションズが提供する「ホットスポット」、NTT東西が提供する「フレッツ・スポット」、ソフトバンクテレコムが提供する「BBモバイルポイント」などがある。最近ではこのサービスを提供するISP(インターネットサービスプロバイダ)も非常に増え、多くのサービスが誕生している。会員は定められた利用料を支払い、ユーザー認証を通じてサービスを利用する。課金の方法には従量課金制のものや定額制のものなどさまざまな方法があり、利用できる場所もそのサービスによって違う。サービスにより提供されるエリアが限られてしまうので、常に無線接続環境を維持するためには複数のISPと契約をする必要がある。ただし、その分利用料がかさんでしまうという問題が生じるため、複数のサービスを包括的に利用できるサービスも登場している。このようなサービスを提供する事業者のことを無線LANローミングプロバイダといい、代表的なものに日本通信が提供する「無線LANスポット」やトリプレットゲートが提供する「WIRELESS GATE」などがある。無料で利用できる公衆無線LANサービスには、FREESPOT協議会の「FREESPOT」やフォン・ジャパンの「FON」などがある。この「FON」は会員がもともと利用している自分の無線LANをほかのユーザーに公開するという変わった形式をとっている。また、茨城県や広島市など、地方自治体が公衆無線LANサービスを提供しているケースもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

SaaS

ネットワークを通じてユーザーが必要とするアプリケーションソフトの機能を、必要に応じて提供する仕組みのこと。クラウドコンピューティングにおける形態の1つといえる。代表的なものとして、Webメール..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ