モバイルWiMAX

Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.が、2005年12月に定めた「IEEE 802.16e-2005」規格であり、第3.9世代(3.9G)移動体通信に位置付けられている。モバイルWiMAXの元となった通信規格「WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)」は、「IEEE 802.16-2004」規格の高速無線通信技術で、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsであった。このWiMAXにモバイル通信向けの変更を施したものが、「IEEE 802.16e」規格のモバイルWiMAXであり、技術的な面では多くの部分がWiMAXと同様である。また、「IEEE 802.16-2004」規格にDFS(Dynamic Frequency Control)などを規格化した「IEEE 802.16h」というモバイルWiMAXの規格もある。IEEE 802.16eは、6GHz帯以下の周波数帯を利用し、チャンネル帯域は1.25MHz〜20MHz(可変)、伝送速度は最大約75Mbps(20MHz帯域使用時)、最長伝送距離は1~3km程度である。120km/hの高速移動でもセクター間のハンドオーバーが可能となっている。日本ではKDDIやインテルなどが出資したUQコミュニケーションズ株式会社が2009年7月よりUQ WiMAXのサービス名でモバイルWiMAXのサービスを開始している。UQ WiMAXでは、下り最大40Mbps、上り最大10Mbps(2011年12月からは15.4Mbps)を実現した。モバイルWiMAXの後継規格は、2011年3月に定められた「IEEE 802.16m」で、「WiMAX2(正式名称はWiMAX Release2)」とよばれる。WiMAX2は第4世代(4G)移動体通信に位置付けられており、2013年のWiMAX2サービス開始を目指しているUQ WiMAXでは、WiMAX2なら下り最大330Mbps、上り最大112Mbpsの高速化を実現し、さらに時速350kmの高速移動中でも通信可能と発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

iPad

Apple社が開発・販売しているタブレット型PCのこと。発売前から大きな話題をよび、それまでになかった「タブレットPC」または「スレートPC」という新しい携帯端末のジャンルを築いた。薄い板状で..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ