モバイルインターネット

携帯電話やPHS、スマートフォン、モバイルPC(ネットブック)、タブレットPCといった移動体通信機器(モバイル機器)を使用してインターネットに接続すること。接続の仕方には、携帯電話回線やモバイル向けのデータ通信サービスを利用したり、街中に点在するアクセスポイントで公衆無線LANを利用したりとさまざまな方法があるが、「モバイル機器でインターネットに接続すること」を総じてモバイルインターネットとよんでいる。モバイルインターネットの黎明期ともいえる2000年代前半は、iモードやEZwebをはじめとする携帯電話の通信回線を利用したインターネット接続環境がそこそこの充実ぶりをみせていた。対して、モバイルPCなどでインターネットを利用するデータ通信サービスの環境は整備・発展はまだまだであったといえる。これは携帯電話に比べて大量のデータを送受信するPCの特性上、通信回線の整備が追いついていなかったことが大きな要因である。2000年代後半になって、イー・モバイルが第3世代(3G)携帯電話方式「W-CDMA」のデータ通信を高速化した「HSDPA」による下り最大3.6Mbpsの定額制データ通信サービスを開始。その後各社からも同様のサービスが開始され、一気にデータ通信サービスの競争が激化した。最近ではiPhoneやAndroidといったスマートフォンやiPadなどのタブレットPCの人気とともに携帯電話会社が提供するデータ通信回線もめざましい通信速度の向上をみせ、モバイルWiMAXによる下り最大40Mbpsの「UQ WiMAX」や「LTE」による下り最大75Mbpsを実現したNTTドコモの「Xi(クロッシィ)」など、高速化を実現したさまざまな新しい通信規格も登場している。ほかにも公衆無線LANサービスの増加やプリペイド方式のデータ通信サービスの登場なども手伝い、モバイルインターネット環境はめざましく発展中である。しかしその一方で、爆発的なスマートフォンユーザーの増加などにより通信量の急増を招き、これらのデータ通信が回線を圧迫するといった問題も発生している。データ通信量は増加しても多くのサービスで定額制をとっているために携帯電話会社の収入増にはつながりにい。それゆえインフラの整備も進みにくいことから、止む終えず通信量の利用制限や定額制の廃止を検討する企業も出てくるなど、今後の課題も多く残されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

SNS

「Social Networking Service」の略で、人と人とのコミュニケーションをサポートするコミュニティ型Webサイト(サービス)のこと。日本では国内最大の会員数を持つ「mixi」..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ