マルチタスク

1台のコンピュータで複数の処理を同時に並行して行うことができるOSの機能のこと。「マルチ」は「多様な」、「タスク」は「仕事、作業」といった意味である。例えば、パソコンのWindowsを使用するとき、電子メールのアプリケーションを起動しながらWebブラウザを起動することができる。これがマルチタスクOSである。マルチタスクに対して、同時に1つのタスクしか実行できない方式を「シングルタスク」という。マルチタスクはその処理方法により、「プリエンプティブマルチタスク」と「擬似マルチタスク(協調型マルチタスク、ノンプリエンプティブマルチタスク)」の2種類に分けられる。プリエンプティブマルチタスクは、CPUの実行権限をすべて管理するOSが強制的に処理の切り替えを行う方式で、Windows NT系OS(Windows VistaやWindows 7など)やMac OS Xなどに採用されている。最近の主流となっている方式である。擬似マルチタスクは、それぞれのアプリケーションに処理の切り替えが任されている方式で、DOS-Windowsや初期のMacなど、かなり古いOSで採用されていた方式である。現在の携帯電話やスマートフォンにおいても、多くがマルチタスク機能を備えており、音楽を再生しながらメールを作成するといった使い方が可能である。Androidは当初からマルチタスクに対応しており、利用中のアプリケーションのことを「Activity(アクティビティ)」とよぶ。Activityがバックグラウンドに回ると一旦ポーズ状態となり、メモリは必要とするものの、バッテリーの消耗はおさえるという仕組みになっている。iPhoneは、「iPhone OS 3」までは起動中のアプリケーションを一旦終了させないと別のアプリケーションを起動できないシングルタスクであった。厳密には、当初から技術的にはマルチタスクに対応していたが、Apple社のユーザービリティコンセプトから、あえてユーザーが同時に複数のアプリケーションを起動できないようにしていたという経緯がある。また、サードパーティ製のアプリケーションにほかのアプリケーションが稼働している背後で動作をさせないようにしていた。「iOS 4」からはユーザーがマルチタスク的な使い方をできるようになり、複数のアプリケーションの同時起動もできるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

サンプルコード・デモ

1台のコンピュータで同時に複数の処理を並行して行うことができるOSの機能のこと。
パソコンのWindowsなどはマルチタスクOSである。
また、現在の携帯電話やスマートフォンはその多くがマルチタスク機能を具えており、音楽を再生しながらメールを作成したりするということが可能となっている。

関連リンク

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

HSUPA

「High Speed Uplink Packet Access」の略で、NTTドコモなどで採用している第3世代携帯電話(3G)方式「W-CDMA(Wideband CDMA)」を拡張し、デー..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ