ホットスポットサービス

公共の施設や店舗などで提供される、無線LANを用いたインターネット接続サービスのこと。公衆無線LANサービスなどとも呼ばれる。屋外や駅や空港などの公共施設、ホテルや飲食店などに設置されたアクセスポイントを通じて、インターネットの無線接続環境を提供する。無線LANに対応していれば、ノートパソコンだけでなくPDAやスマートフォン、ゲーム機などでも利用することができ、最近では無線LANの1つであるWi-Fiに対応した機器が増えてきていることもあり、その利用者も増加してきている。このような公衆無線LANサービスを利用出来る場所の呼び名はホットスポットのほか、アクセスポイントや無線LANスポット、フリースポット、Wi-Fiスポットなどとも呼ばれる。なお、「ホットスポット」は公衆無線LANサービスを指す一般的な名称として呼ぶこともあるが、NTTコミュニケーションズが提供する無線LANサービスの登録商標となっている。公衆無線LANの有料サービスの代表的なものに、NTTコミュニケーションズが提供する「ホットスポット」、NTT東西が提供する「フレッツ・スポット」、ソフトバンクテレコムが提供する「BBモバイルポイント」などがある。最近ではこのサービスを提供するISP(インターネットサービスプロバイダ)も非常に増え、これらの他にも多くのサービスが誕生している。会員は定められた利用料を支払い、ユーザ認証を通じてサービスを利用する。課金の方法には従量課金制のものや定額制のものなど様々あり、利用できる場所もそのサービスによってまちまちである。また、一つのISPが提供するサービスエリアでは利用できるポイントが限られてしまい、それを補うためには複数のISPと契約をする必要があるが、利用料がかさんでしまうという問題が生じる。そこで、複数のサービスを包括的に利用できるサービスも登場している。このようなサービスを提供する事業者のことを無線LANローミングプロバイダといい、代表的なものに日本通信が提供する「無線LANスポット」やトリプレットゲートが提供する「WIRELESS GATE」などがある。無料で利用できるものの代表的なものとして、FREESPOT協議会の「FREESPOT」やフォン・ジャパンの「FON」などがある。この「FON」は会員がもともと利用している自分の無線LANを他のユーザに公開するという変わった形式をとっている。また、他にも茨城県や広島市など、地方自治体が公衆無線LANサービスを提供しているケースもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向けスマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

スワイプ

マルチタッチ操作において、画面に触れたままの状態で指を特定の方向へ滑らせる操作のこと。「swipe(スワイプ)」には「大振りの強打、横振り、拭い取る」といった意味がある。スワイプの操作に用いる..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ