ベーシックフォン

通話機能、アドレス帳、SMS(ショートメッセージサービス)機能といった最低限の基本的な機能だけを持つ携帯電話端末のこと。日本の携帯電話は多機能のものが大半を占めており、ベーシックフォンという呼び名自体あまり使われる機会がない。一方、海外ではこのようなベーシックフォンが多く使用されている。日本で販売されているベーシックフォンの概念に近い端末として、富士通が開発しNTTドコモが主にシニア層向けの機種として販売している「らくらくホン」シリーズがあげられる。デジタルカメラなどを備えているため海外におけるベーシックフォンとは多少異なるが、シンプルさを売りにして余分な機能が省かれているシリーズである。一方、日本で一般的に使用されているデジタルカメラやワンセグなどの特徴的な機能を搭載した携帯電話端末のことはフィーチャーフォンと呼ばれる。「フィーチャー(feature)」は、「特色」などを意味する英語である。海外では、スマートフォンが普及する以前はベーシックフォンが主流であったために、少数派であった高機能携帯電話を指してこのように呼ばれた。しかし日本で発売されている、いわゆる「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれる携帯電話端末のほとんどがこのフィーチャーフォンにあたるため、日本国内においてフィーチャーフォンという名称が使われる機会はあまりなかった。なお、フィーチャーフォンはパソコンなどに近い汎用性を備えたスマートフォンとは区別される。ガラパゴスケータイは、日本で独自に発展した高機能の携帯電話を指す言葉で、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信、3D機能、防水機能などを備える。ガラパゴスケータイ同様に高機能のスマートフォンのことはガラパゴススマートフォンと呼ばれ、しばしば「ガラスマ」と略される。ガラパゴスケータイやガラパゴススマートフォンの「ガラパゴス」は、島の外部との接触がないためにガラパゴス諸島の生物が島内で独自の進化を遂げたことになぞらえて、こうした閉鎖的な進化のことをガラパゴス化と呼び、日本の携帯電話が世界標準から外れた進化を遂げていることから(しばしば自嘲的な意味も含めて)このように呼ばれている。なお、おサイフケータイやワンセグ機能などは、日本国内だけで利用できる機能であり、海外では使用できない。また、ガラパゴスケータイ(ガラパゴススマートフォン)に対して、世界で標準的に利用されている携帯電話(スマートフォン)のことは「グローバルフォン(グローバルスマートフォン)」と呼ばれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

VPN

公衆回線を専用回線であるかのように利用し、共有ネットワーク上にプライベートネットワークを構築する技術・サービス。「仮想的な専用線」という意味で、「Virtual Private Network..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ