プロプライエタリ・ソフトウェア

ソフトウェアの使用や改変、複製などを法的あるいは技術的な方法で制限しているソフトウェア。代表的なものに商用ソフトウェアがある。プロプライエタリ(proprietary)とは「所有権・占有権のある」、「非公開の」といった意味で、オープン(open)の対義語にあたる。Linuxなどのソースコードが公開されているソフトウェアのことを「オープンソース・ソフトウェア」とよぶのに対して、Windowsなどのようにメーカーがソースコードや知的所有権を保持しているソフトウェアのことをプロプライエタリ・ソフトウェアとよぶ。プロプライエタリ・ソフトウェアのようにソースコードを公開せず、著作権や特許権で保護されたファイルフォーマットのことを「プロプライエタリ・フォーマット」とよび、企業の基幹業務システムなどに用いられるメインフレーム・システムのような特定メーカーの独自仕様によるコンピュータ・システムのことを「プロプライエタリ・システム」とよぶ。制限の方法には法的手法、技術的手法、両者を組み合わせたものなどさまざまあり、その方法によって別の呼び方をされることもある。技術的な制限の代表的な手法は、ソースコードは公開せずにバイナリ実行コードのみをユーザーに提供するといった方法である。また、法的な制限の代表的な手法は、著作権や特許権に基づいたソフトウェアライセンス許諾をユーザーに課すという方法である。プロプライエタリ・ソフトウェアの代表的なものとして商用ソフトウェアをあげたが、有償で利用することがプロプライエタリ・ソフトウェアであると要件づけるものではない。無償で利用できるフリーウェアや試用が無償のシェアウェアなどでもソフトウェアの使用や改変、複製などが制限されていればプロプライエタリ・ソフトウェアに含まれる。逆にパブリックドメインソフトウェアやフリーソフトウェアの中にも有償や商用で提供されるものがある。また、プロプライエタリ・ソフトウェアの中には、ソースコードが公開されているケースもある。これは、利用者がソフトウェアを自由に精査・改変することができるが、改変したものの再配布などはライセンスや秘密保持契約の制限を受けるというものである。一例として、MicrosoftのShared sourceライセンスプログラムやSSHのプロプライエタリ・バージョン、電子メールクライアントのPineなどがあげられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Cupcake

スマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどを対象に開発されたプラットフォーム(OSやミドルウェア、ユーザーインターフェースなどさまざまなアプリケーションをセットにしたソフトウェアの集合体)「..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ