フィーチャーフォン

カメラやワンセグなどの特徴的な機能を搭載した携帯電話端末のこと。「フィーチャー(feature)」は、「特色」などを意味する英語である。パソコンなどに近い汎用性を備えたスマートフォンとは区別される。また、フィーチャーフォンに対して通話機能とSMS(ショートメッセージサービス)しか機能がないような最低限の基本的な機能だけを持つ携帯電話端末のことはベーシックフォンと呼ばれる。海外では、スマートフォンが普及する以前はベーシックフォンが主流であったために、少数派であった高機能携帯電話を指してこのように呼ばれた。しかし日本で発売されている、いわゆる「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれる携帯電話端末のほとんどがこのフィーチャーフォンにあたるため、日本国内においてフィーチャーフォンという名称が使われる機会はあまりなかった。ガラパゴスケータイは、日本で独自に発展した高機能のスマートフォンを指す言葉で、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信、3D機能、防水機能などを具えた高機能スマートフォンのこと。しばしば「ガラスマ」と略される。ガラパゴススマートフォンの「ガラパゴス」は、もともと世界標準とは異なる独自の進化を遂げた日本の携帯電話のことを「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ぶ際に用いられた名称である。島の外部との接触がないためにガラパゴス諸島の生物が島内で独自の進化を遂げたことになぞらえて、こうした閉鎖的な進化のことをガラパゴス化と呼び、日本の携帯電話が世界標準から外れた進化を遂げていることから(しばしば自嘲的な意味も含めて)こう呼んだ。日本の携帯電話がこうした進化を遂げた要因には、一つには日本の通信方式が世界標準でなかったことがあげられる。そのため海外の携帯電話が日本の市場に入ってくることはなく、iモード専用サイトやオサイフケータイ、携帯アプリ、ワンセグ機能、カメラ機能、絵文字、赤外線通信、SIMロックといった日本独自の機能・特徴を備えた携帯電話が日本では主流として使用されてきた。その後、iPhoneの登場で一気に主流となったスマートフォンだが、当然iPhoneにこれらの機能はなく、日本のスマートフォンユーザは、しばらくの間ガラパゴス機能のないスマートフォンを使用していた。また、ガラパゴス機能がないためにスマートフォンに乗り換えることを躊躇するユーザも少なくなかった。しかし、その後Androidを搭載したスマートフォンが数多く登場することとなり、iPhone以外のスマートフォンを使用するユーザも次第に増えていった。同時にメーカー各社がこれまで携帯電話には当然のように搭載されてきたガラパゴス機能をスマートフォンにも搭載するようになり、ガラパゴススマートフォンが一般的なものとなった。なお、おサイフケータイやワンセグ機能などは、日本国内だけで利用できる機能であり、海外では使用できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

ベーシックフォン

通話機能、アドレス帳、SMS(ショートメッセージサービス)機能といった最低限の基本的な機能だけを持つ携帯電話端末のこと。日本の携帯電話は多機能のものが大半を占めており、ベーシックフォンという呼..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ