ファームウェア

ファームウェア(Firmware)とは、ハードウェアの基本的な制御を直接行うために機器に組み込まれたソフトウェアのこと。ハードウェアに最も近いところに位置するソフトウェアといえる。また、パソコンなどに限らずコンピュータを内蔵した家電製品にも搭載されている。一般的なソフトウェアよりもハードウェアに近いソフトウェアということで、「firm(堅い、固定した)」と名付けられている。基本的にユーザーが内容を書き換えたり入れ替えたりすることができないという点でOSやアプリケーションソフトウェアとは決定的に違う。ファームウェアには、機器に使用しているCPU自体の動作を決定するためのマイクロコード(マイクロプログラム方式で書かれたプログラム)を含んでいる場合もある。かつては限られたハードウェア資源で必要なパフォーマンスを得るために、アセンブリ言語などの低級言語で開発することが多かったが、組み込み用CPUの高速化と、記録媒体である半導体メモリの大容量化と価格低下により、C言語などのより高級な言語が使用可能となった。 ファームウェアは、一般的にはROMやフラッシュメモリといった半固定的な記憶装置に記録されている。低コストの機器の場合はマイクロコントローラに内蔵されたROMを使用し、高機能の機器では独立したメモリ素子に書き込みを行う。特に低コストで大量に製造されるような製品の場合は、記録されている内容を書き換えることができない「マスクROM」を内蔵したマイクロコントローラを使用するため、製品出荷後に書き換えることは不可能となる。近年ではフラッシュメモリの登場により、組み込み済みの状態でユーザの手元で電子的な操作のみで書き替えが行えるISP(In-System Programming)が可能となった。こうして製品出荷後のアップデートが以前よりも比較的容易に行えるようになっている。スマートフォンにおいても、最新OSへの対応や不具合の修正、セキュリティ性能の向上などを目的とした「ファームウェアのアップデート」が端末メーカーから公開されることがよくある。なお、ファームウェアのアップデートを行うと、本体が完全に初期化され、インストールしていたアプリなどもすべて消えてしまうため、必要なアプリなどのバックアップが必須となる。また、アップデートの手順を間違えたり、アップデートするファームウェアを間違えると、最悪の場合端末が使用できなくなってしまうこともあるため、手軽にアップデートできるとはいえ、ファームウェアのアップデートには細心の注意が必要である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

近接センサ

iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンの多くには、加速度センサーや近接センサー、輝度センサー(環境光センサー)といった様々なセンサー(sensor)が備わっている。センサーとは、..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ