ソフトウェア無線

ハードウェアに変更を加えることなく、ソフトウェアを書き換えることで、携帯電話やPHS、無線LANといった通信方式の異なる無線通信を1つの無線端末で利用可能とする無線通信方式またはその技術のこと。ソフトウェアラジオ方式やSDR(Software Defined Radio)ともよばれる。通常の無線通信は、それぞれの通信方式に適合する専用の信号処理回路(ハードウェア)を用意する必要があり、1つの端末が利用可能な通信方式は基本的に1つである。中には2G携帯電話と3G携帯電話の両方が利用できるものや、携帯電話と無線LAN通信が利用できるものなど、いわゆる「デュアル端末」も存在するが、それでもせいぜい2つの通信方式に対応するのがやっとである。多くの場合、新しい無線通信規格が登場し、その新しい通信規格を利用するためには、新たに基地局などのインフラを整備し、端末も新しいものに買い替える必要がある。これに対してソフトウェア無線は、通信のための信号処理回路(ハードウェア)には汎用的なものを用い、従来の通信方式では半導体が行ってきた通信方式に依存する処理の大部分をソフトウェアで行う。新しい通信方式が登場してもハードウェアの交換は行わず、ソフトウェアの書き換えを行うだけでよい。基地局も端末も既存のものを継続して利用することができるため、インフラの有効活用ができる。また、複数の通信方式を同時に利用することも可能となるため、将来的には携帯電話やPHS、無線LAN、衛星通信、GPSなどいくつもの無線通信に対応する「ユニバーサル端末」の登場も期待されている。ソフトウェア無線は1970年代に米軍が軍事用の技術として研究を進めていた技術であったが、1990年代の冷戦終結などを機に民生用の技術に転換された。現在では各国で研究開発が進められており、アメリカではソフトウェア無線技術の標準化団体「MMITS Forum(現SDR Forum)」が1996年に設立されている。日本国内では、1999年11月に通信総合研究所がPHS、GPS、ETCの3機能を持ったソフトウェア無線端末を発表。2001年11月にはNTT未来ねっと研究所がPHSと無線LANの両方に対応できるソフトウェア無線機を発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: WEB担当者様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

LTE Advanced

国際電気通信連合(International Telecommunication Union、ITU)の定める第4世代(4G)移動通信システム「IMT-Advanced規格」の1つ。LTE規格..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ