SVGA

「Super Video Graphic Array」の略で、800×600ピクセルの画面解像度のこと。本来は1987年にIBMが開発したグラフィックシステム(表示回路規格)であるVGAを拡張して解像度や色数を高めたグラフィックシステムの名称であり、VGAよりも上位の画面モードのこと全てを指していた。しかし、現在では640×480ピクセルの画面解像度のことを通称VGA、800×600ピクセルのものをSVGAと呼ぶことが一般的となった。画面解像度には他にも、VGAの横幅を50ピクセル拡大した690×480ピクセルのVGA+、VGAをワイド画面に対応させた800×480ピクセルのWVGA(Wide Video Graphics Array)、WVGAをさらにワイドにした854×480ピクセルもしくは864×480ピクセルのフルワイドVGA(Full Wide Video Graphics Array)、VGAを2分の1にした640×240ピクセルもしくは480×320ピクセルのハーフVGA(Half Video Graphics Array)、携帯電話やPDAなどに用いられるVGAの4分の1(320×240)のQVGA(Quarter Video Graphics Array)、QVGAのさらに4分の1(160×120ピクセル)のQQVGA(Quarter Quarter VGA)、VGAの4倍(1280×960ピクセル)のQuad-VGA(Quad Video Graphics Array)、デジタルフォトフレームやPCのサブディスプレイなどに用いられる800×600ピクセルのSVGA(Super Video Graphic Array)、もともとIBMが開発したビデオカードの名称だった1024×768ピクセルのXGA(eXtended Graphics Array)、XGAのワイド画面版といえる1280×768ピクセルのWXGA(Wide eXtended Graphics Array)、XGAの横幅だけでなく縦幅も大きくした1280×1024ピクセルのSXGA(Super Extended Graphics Array)、走査線1080本以上の高解像度のデジタルテレビ放送を表示できる1920×1080ピクセルのフルHD(Full High Definition)、フルHDの4倍(3840×2160ピクセル)のqHD(Quadruple High Definition)、4分の1(960×540ピクセル)のqHD(Quarter High Definition)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: コーダー様向けデザイナー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

ジョイント・イノベーション・ラボ

ソフトバンク株式会社、中国のChina Mobile(中国移動)、英国のVodafoneの3社が2008年4月に設立を発表した合弁会社「Joint Innovation Lab」のこと。略称は..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ