QVGA

「Quarter Video Graphics Array」の略で、320×240ピクセル(または240×320)の解像度のこと。第3世代携帯電話(3G)やPDAなどに多く用いられた。VGA(640×480ピクセル)の4分の1(Quarter)の画素数であることからこう呼ばれる。また、QVGAのさらに4分の1の画素数である160×120ピクセルのものをQQVGA (Quarter Quarter VGA)と呼ぶ。このQQVGAは第2世代携帯電話(2G)において主流となった画素数である。画面解像度には他にも、VGAの横幅を50ピクセル拡大した690×480ピクセルのVGA+、VGAをワイド画面に対応させた800×480ピクセルのWVGA(Wide Video Graphics Array)、WVGAをさらにワイドにした854×480ピクセルもしくは864×480ピクセルのフルワイドVGA(Full Wide Video Graphics Array)、VGAを2分の1にした640×240ピクセルもしくは480×320ピクセルのハーフVGA(Half Video Graphics Array)、VGAの4倍(1280×960ピクセル)のQuad-VGA(Quad Video Graphics Array)、デジタルフォトフレームやPCのサブディスプレイなどに用いられる800×600ピクセルのSVGA(Super Video Graphic Array)、もともとIBMが開発したビデオカードの名称だった1024×768ピクセルのXGA(eXtended Graphics Array)、XGAのワイド画面版といえる1280×768ピクセルのWXGA(Wide eXtended Graphics Array)、XGAの横幅だけでなく縦幅も大きくした1280×1024ピクセルのSXGA(Super Extended Graphics Array)、走査線1080本以上の高解像度のデジタルテレビ放送を表示できる1920×1080ピクセルのフルHD(Full High Definition)、フルHDの4倍(3840×2160ピクセル)のqHD(Quadruple High Definition)、4分の1(960×540ピクセル)のqHD(Quarter High Definition)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: コーダー様向けデザイナー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

加速度センサー

iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンの多くには、加速度センサや近接センサ、輝度センサ(環境光センサ)といった様々なセンサ(sensor)が備わっている。これらのセンサーの1つ、..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ