MMS

「Multimedia Messaging Service」の略で、携帯電話同士で文字や音声、画像、動画などを短いメッセージにして送受信できるサービスのこと。3GPP(Third Generation Partnership Project)とOMA(Open Mobile Alliance)によって標準化されている。最初の仕様は、WAP(Wireless Application Protocol)フォーラムによってまとめられ、現在はOMAが中心的な標準化団体となっている。SMS(Short Message Service)やSMSを発展させたEMS(Enhanced Messaging Service)では電話番号宛てにしか送信できなかったが、MMSはメールアドレス宛ての送信もサポートしており、パソコンとも送受信が可能。また、SMSやEMSとは異なり、ネットワークが許すのであれば数百キロバイトのデータも送受信可能である。これは、SMSやEMSは携帯電話のシグナリングチャネルを使用するため、即時性が極めて高くかつ比較的安価である一方、送受信可能サイズの制限という問題がある。しかしMMSは携帯電話のトラフィックチャネルを使用するので、SMSよりもバイトあたり単価が高いがサイズ制限は大幅に緩和されているのである。かつてはSMSやEMSしかなかったが、カメラ付き携帯の普及とともにより制限の少ない携帯電話用メッセージサービスが求められるようになった。しかし、当初は特定キャリアに依存した実装のものしかなく、業界標準といえるものが存在しなかった。そこで、主にGSMのオペレータやハンドセットベンダーが中心となり、MMSが策定されたのである。このようにして世界中の携帯電話事業者で広く採用されているMMSだが、日本では全てのキャリアで利用できるわけではない。日本のMMSの代表的なものにソフトバンクのS!メール(一部のモデルではそのままMMSと表記されている)がある。容量は最大2Mバイトまでだが、アクセスポイントが未公開なため、ソフトバンクから販売されている携帯電話以外では利用することが出来ない。NTTドコモではMMSを採用せず、MMSのライバル規格ともいえる自社が開発したプッシュ型Eメールサービスのiモードメールを採用している。iモードメールは国際標準となることはできず、実質的にドコモだけのサービスとなっている。au(KDDI)でもMMSは採用せず、独自のEZwebメールを採用していた。なお、2012年4月からはiPhone 4Sに向けにMMSサービスを開始している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Eclipse

元々はIBMが開発したIDE(Integrated Development Environment=統合開発環境)のこと。現在はEclipse Foundationに運営母体が移管されている。..

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ