IEEE802.11g

無線LAN規格「IEEE 802.11」の拡張仕様の1つ。しばしば「11g」と略されてよばれる場合もある。IEEE 802.11とは、IEEE(米国電気電子学会)でLAN技術の標準を策定している802委員会で1997年に標準化された規格である。IEEE 802.11のよび方は、英語では「I triple E eight O two dot eleven(略してdot eleven)」だが、日本語では「あいとりぷるいーはちまるにいてんいちいち(略してはちまるにいてんいちいち)」とよばれることが多い。IEEE 802.11gは、IEEE 802委員会の「ワーキンググループ11」の「タスクグループG」がIEEE 802.11bの上位互換規格として2003年に策定した規格で、IEEE 802.11bと同じ2.4GHz帯の周波数帯を使用し、無線免許不要で扱うことができる。通信速度はIEEE 802.11aと同等の最大54Mbpsを実現した。IEEE 802.11bの上位規格にあたるため、IEEE 802.11bとの互換性も持っている。IEEE 802.11gが登場してからは、「無線LAN」といった場合には、このIEEE 802.11gのことを指す場合が多い。ただし、2.4GHz帯の電波は無線LAN以外にも多数使用されており、ほかの電子機器の干渉を受けやすい。そのため、同じ最大54Mbpsの通信速度であるIEEE 802.11aに比べると、実際の転送速度は遅くなるといわれている。Wi-Fi Alliance(IEEE 802.11シリーズの推進および相互運用性の保証を目指す業界団体)の互換性テストに合格したIEEE 802.11g対応製品には、「Wi-Fi Certified 802.11g」の認定が与えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

SaaS

ネットワークを通じてユーザーが必要とするアプリケーションソフトの機能を、必要に応じて提供する仕組みのこと。クラウドコンピューティングにおける形態の1つといえる。代表的なものとして、Webメール..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ