Evernote

Evernote社が提供する、オンライン上のパーソナルドキュメント管理システムサービスのこと。無料のスタンダード版と有料のプレミアム版がある。2008年2月にベータ版としてサービスを開始し、世界各国に1,000万人以上の利用者がいるといわれている。2010年3月からは日本語版のサービスを開始した。Mac OS XやWindows搭載のパソコンだけでなく、Android、BlackBerry、iOS、Palm、Windows Mobileなどを搭載したスマートフォンでも利用できる。オンラインで利用するメモ帳のようなサービスで、同社のWebサイトを通じて登録を行い、アカウントを設定すれば誰でも無料で利用できる。専用のクライアントソフトをインストールして利用するが、複数の機器にクライアントソフトをインストールしている場合は、それらの機器ともサーバーを介して同期することができる。利用者が各自で設定した「ノートブック」と呼ばれるサブジェクトごとにテキスト・画像・PDFといったデジタルデータを保存・記録することができる。データは同社が提供するサーバ上に保存される。保存・記録したデータは全て自動的にインデックスが作られ、検索が可能となる。さらに任意のタグを付けたり、別のノートブックに整理することもできる。また、データはSSL暗号化で保護されている。利用者はクライアントソフト経由で保存したデータにアクセスし、閲覧・編集が可能。共有の設定を行うと他の利用者と保存した情報の共同利用も可能となる。Evernoteを利用するにあたっての保存容量そのものに制限はないが、無料のスタンダード版では、月毎のアップロード容量制限が60MBとされている。これはアップロード済みのデータを削除したとしても月毎のアップロード容量が復活するものではない。一方、有料のプレミアム会員では月毎のアップロード制限容量が1GBまで拡大されている。この他にもスタンダード版では同期されるファイル形式に制限があり、画面の隅にプレミアム版へのアップグレードを促す広告が表示される。月額450円または年額4000円の会費を支払うことでプレミアム会員にアップグレードすることができる。プレミアム会員になると全てのファイル形式が同期されるようになる。さらに一日に50通までであったEvernoteメールアドレスを利用したノート作成は一日に250通までに、ノート1つの最大容量も25MBから50MBに拡大され、読み取り専用であったノートの共有も読み取り・編集共に可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

XML

Extensible Markup Languageの略で、「拡張可能なマーク付け言語」と訳される。World Wide Web Consortium (W3C) から勧告されている仕様で、多..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ