Dolphin Browser HD

Android用のWebブラウザアプリ「Dolphin Browser」の新バージョンのこと。フリック操作でタブやメニュー間の移動が可能なタブブラウザである。ジェスチャーによるサイトの移動やアクションの呼び出し、ブックマークのソート、アドオン機能、テーマ機能、Youtubeダウンローダーなどが特徴。なお、現在(2012年10月)はDolphin Browser(バージョン8.6.1)にバージョンアップされており、Dolphin Browser HDは提供されていない。また、シンプルな利用に適した「Dolphine Browser Mini」も用意されている。Webブラウザ(WWWブラウザ)とは、Webページを閲覧する事ができるアプリケーションソフトのことで、代表的なWebブラウザとしてInternet ExplorerやSafari、Mozilla Firefox、Opera、Google Chromeなどがあげられる。また、同じウィンドウ内で複数のページを閲覧することができるタブ機能を持つブラウザのことをタブブラウザと呼ぶ。Mozilla FirefoxやOpera、バージョン7以降のInternet Explorerなどはタブブラウザである。また、携帯電話向けのWebブラウザのことをモバイルブラウザと呼び、その中でも通常の(PC向けの)Webページを閲覧することができるモバイルブラウザのことをフルブラウザと呼ぶ。代表的なものにOpera Software社が提供する「Opera Mobile」や、株式会社jig.jpが提供する「jigブラウザ」、ACCESSが提供する「NetFront Browser」、Androidに搭載されている「Android Browser(Google Chrome)」、iPhoneやiPod touchに搭載されている「Mobile Safari」などがある。最近ではiPhoneやAndroid搭載スマートフォンが広く使われるようになり、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリとして提供されているWebブラウザも数多くリリースされている。このようなアプリのことを通称「ブラウザアプリ」と呼び、App StoreやGoogle Playなどのアプリケーションストアを通じて提供されているWebブラウザ全般を指す言葉として用いられる。ブラウザアプリは、Mobile Safari、Chrome for Android、Firefox、Sleipnir Mobile、Opera mini、iLunascapeといった本来PC向けのWebブラウザであったもののモバイル版と、Mercury、VanillaSurf、Galapagos Browser、Dolphin Browser、Skyfire、Angel Browserといった当初からモバイル向けに設計・開発されたものとに大きく分けることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

AR

「Augmented Reality」の略で、日本語では「拡張現実」と訳される。現実の環境にコンピュータが作り出した情報を重ねて、補足的な情報を与える技術、またはそのようにして情報を与えられた..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ