CDMA

携帯電話などに使用される無線通信方式の一つ。「Code Division Multiple Access」の略で、符号分割多元接続(または符号分割多重接続)とも訳される。スペクトラム拡散を基盤技術とした、同じ周波数帯の電波を複数のユーザで効率的に共用する多元接続方式の一つである。多元接続方式の無線通信方式にはCDMAのほかに、第1世代(1G)携帯電話方式に用いられているFDMA(Frequency-Division Multiple Access、周波数分割多元接続)や、第2世代(2G)携帯電話方式であるPDCやGSMに用いられているTDMA(Time Division Multiple Access、時分割多元接続)がある。発信者の音声信号に別個のデジタルコードを割り当て、他の発信者の音声信号と合成して一つの信号として受信側に送る。こうすることで、広い周波数帯域の電波を隣接する複数の無線基地局や複数の端末で共有することができる。端末に割り当てたPN符号により合成した信号を再度分解することで、受信者は混ざり合った信号の中から発信者の音声信号のみを取り出すことができる。この方式のメリットとして、秘匿性が高く盗聴に強いといった点や、干渉波や妨害波の影響を受けにくいといった点があげられる。一方、1波の信号が広い帯域を占有するため、周波数利用効率が悪いといったデメリットもあるが、CDMAでは可変速度の音声符号化技術や送信電力制御技術を組み合わせることで、FDMAやTDMAよりは周波数利用効率を高めることに成功している。周波数利用効率が高いということは、同じ周波数帯域で多くのチャネルを多重化することができる。CDMAと同じ技術を用いた無線通信方式には、2.5Gと呼ばれるcdmaOneや3Gと呼ばれるW-CDMA、CDMA2000などがある。日本国内では、auがそれまでのPDC方式に代わってcdmaOne方式を採用した。その後cdmaOneを応用したCDMA2000 1xMC方式を用いた「CDMA 1X(旧名称:CDMA2000 1x)」サービスを提供。現在はCDMA2000 1x EV-DO Rel.0方式の「CDMA 1X WIN」サービスやCDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A方式に対応した「WIN HIGH SPEED」サービスを提供している。一方、NTTドコモはW-CDMA方式を「FOMA」の名称で、ソフトバンクもW-CDMA方式を「SoftBank 3G」の名称で提供している。W-CDMA(Wideband CDMA)はCDMAを広帯域化させた通信方式で、広帯域符号分割多元接続とも訳される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け
タグ:

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Gingerbread

スマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどを対象に開発されたプラットフォーム(OSやミドルウェア、ユーザーインターフェースなどさまざまなアプリケーションをセットにしたソフトウェアの集合体)「..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ