CDMA 1X WIN

2003年11月より開始されたauブランドの第3.5世代 (3.5G)携帯電話サービスのこと。通称「WIN」。データ通信にCDMA2000の追加規格であるCDMA2000 1x EV-DO方式を採用している。日本でCDMA2000 1x EV-DO方式を採用しているのはauのみである。なお、音声通話はCDMA 1Xと同じCDMA2000 1x MC方式を用いている。ブランド名称「CDMA 1X WIN」の「CDMA 1X」は、それまでauが提供していた既存サービス「CDMA 1X」をベースとし、その延長線上でさらに発展させたものであることを表し、「WIN」は次世代の革新的なサービスを提供するという意味の意思表明フレーズ「We Innovate the Next」の頭文字3文字を表している。データ通信にCDMA2000 1x EV-DO Rev.0方式を使用し、サービス開始当初から下り最大2.4Mbpsという高速なデータ通信を可能とした。2006年末以降に発売された端末からはCDMA2000 1x EV-DO Rev.A方式に対応し、Rev.A端末ではさらに下り最大3.1Mbpsを実現。2010年11月以降に発売された一部の端末は、「WIN HIGH SPEED」のサービス名称でCDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A方式に対応し、下り最大9.3Mbpsという高速通信を実現している。CDMA2000 1x EV-DO方式は、同じ800MHz帯の周波数帯を使用するcdmaOne方式やCDMA2000 1x方式と互換性があるため、CDMA 1X WINのエリア外ではCDMA2000 1x方式で下り最大144kbpsのデータ通信を、CDMA2000 1xのエリア外ではcdmaOne方式で下り最大64kbpsのデータ通信を利用でき、データ通信可能なエリアの人口カバー率100%を実現している。また、従来の料金体系ではパケット料金が非常に高額になってしまうため、CDMA 1X WINサービスの開始に伴い、日本ではじめてパケット定額制サービス「ダブル定額」をスタートさせた。現在ではどのキャリアでもこのパケット定額制が導入され、データ通信を日常的に使用する携帯電話契約の中心となっている。auは、この高速通信・定額制のメリットを生かし「EZ着うたフル」、「EZチャンネル」、「EZアプリ」といったサービスも行っている。「EZ着うたフル」は楽曲を1曲全部フルコーラスのままダウンロードして端末で聴けるサービス、「EZチャンネル」は動画をダウンロードして視聴できるサービス、「EZアプリ」はゲームなどのアプリケーションをダウンロードして利用できるサービスである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: スマートフォンユーザー向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Adobe Flash Lite

Adobe社が携帯電話などの携帯端末向けに開発したFlash Playerのこと。Flash Playerとは、Adobe Flashで作成した動的コンテンツ(Flashファイル)をWebブラ..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ