Open Handset Alliance

携帯電話における共通のソフトウェア基盤「Android」の開発・普及を推進するための業界団体。しばしば「OHA」と略される。2007年11月にGoogleを中心に設立され、携帯電話事業者、半導体会社、端末メーカー、ソフトウェア会社などによって組織され、主要な企業として、Motorola、Intel、Qualcomm、サムスン電子、LG電子、NVIDIA、eBay、T-Mobileなどが参加している。日本の代表的な参加企業はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、NEC、シャープ、富士通、東芝、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、京セラなどである。Open Handset Allianceは、Androidのユーザーインターフェース(UI)や通信機能、アプリケーションソフトウェアで活用する各種技術など、Androidに関わる様々な分野において技術やサービスの普及などに取り組んでいる。また、Androidをオープンソースで誰でも開発することができるように、Androidで利用できるアプリケーションソフトウェア開発のための開発キット「Android SDK(Software Development Kit)」の提供なども行っている。Android SDKはOpen Handset Allianceから無償配布されており、開発者向けのAndroidのサイト「Android developers」からダウンロードすることができる。また、ランタイムとライブラリを開発するための開発キットとして「Android NDK(Native Development Kit)」も用意されており、Android NDKもAndroid SDKと同様にOpen Handset Allianceからダウンロードできる。なお、Androidをベースとした組み込みシステムの開発・構築等の事業に携わる企業で組織された日本の一般社団法人「Open Embedded Software Foundation(OESF)」との直接的な関わりはない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Gingerbread

スマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどを対象に開発されたプラットフォーム(OSやミドルウェア、ユーザーインターフェースなどさまざまなアプリケーションをセットにしたソフトウェアの集合体)「..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ