LTE

新しい携帯電話の通信規格の1つで、「Long Term Evolution」の略である。W-CDMA方式の標準化団体「3GPP(Third Generation Partnership Project)」で標準化が進められており、3GPPでは「E-UTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)」とよばれている。LTEは、第3世代(3G)携帯電話方式である「W-CDMA」の高速データ通信規格「HSDPA」をさらに進化させ、有線ブロードバンドサービスに迫る高速化を実現している。第4世代(4G)携帯電話に限りなく近い技術という意味で、「第3.9世代(3.9G)携帯電話」、もしくはこの規格を提唱していたNTTドコモでの旧呼称「Super 3G」とよばれることもある。また、ITU(International Telecommunication Union、国際電気通信連合)が2010年12月にLTEを4Gと呼称することを認可したため、LTEをどの世代名称でよぶのかについては、ばらつきが見られている。下りにはOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access、直交周波数分割多元接続)方式を、上りにはSC-FDMA (Single Carrier Frequency Division Multiple Access、シングルキャリア周波数分割多元接続)方式を採用し、20MHz幅における下り100Mbps以上、上り50Mbps以上の通信速度を満たすことが仕様上の要求条件とされている。NTTドコモでは他社に先駆けて国内初のLTEサービス「Xi(クロッシィ)」を2010年12月から開始、イー・モバイルも追随し、国内2番目となるLTEサービスの「EMOBILE LTE」を2012年3月から開始した。それぞれのLTEサービス対応エリアは現在も範囲を拡大中であり、LTE未対応エリアでは従来の3Gサービスを併用するようになっている。なお、今後はauやソフトバンクでもLTEサービスを手掛ける予定とされている。また、LTEをさらに発展させ、LTEとの互換性を保ちながらITUの定める第4世代(4G)移動通信システム「IMT-Advanced規格」の基準を満たす通信スピード(下りで静止/低速移動時最大1Gbps、高速移動時100Mbps、上りで500Mbps以上)を満たす上位規格が「LTE Advanced」である。日本国内では、2011年1月にNTTドコモがLTE Advancedの実験用予備免許を取得しており、1.5GHz帯(band21)を利用して2016年以降の商用サービス開始を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

FON

世界約150カ国で利用され、400万以上の無線LANアクセスポイントを有する世界最大級の無線LAN(Wi-Fi)コミュニティサービスのこと。サービスを提供している企業「FON」はスペインのベン..

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ