Java SE

Java Platform, Standard Editionの略で、Java仮想マシン(Java VM)やJava APIなどの集合体のこと。以前はJ2SE(Java 2 Platform, Standard Edition)と呼ばれていたが、バージョンが5.0になった際、この名称となった。Javaとは、Sun Microsystems社が携帯テレビ用の言語「Oak」を元に開発、1995年にリリースしたオブジェクト指向性のプログラミング言語およびコンピューティングプラットフォームである。C言語に似た表記法を採用しているものの、既存の言語の欠点を踏まえて一から設計されている。特定のOSやマイクロプロセッサに依存せず、どのようなプラットフォームでも動作可能な点が大きな特徴である。また、ネットワーク環境での利用を意識して、豊富なネットワーク関連の機能や強力なセキュリティ機構を標準で備えている。通常のプログラムは、ソースコードが各プラットフォームに対応したネイティブコードに変換されて実行されるため、ネイティブコードの違いから異なるプラットフォームでは動作できないということが起きる。Javaでこの問題を解決しているのが、Java仮想マシンと呼ばれるソフトウェアである。Javaのソースコードはコンパイルすると、バイトコードと呼ばれる中間コードに一旦変換される。Javaのプログラムはバイトコードが書かれたファイル(クラスファイル)の状態で配布され、各プラットフォームでプログラムを実行する際に、Java仮想マシンがクラスファイルをそれぞれのプラットフォームに対応したネイティブコードに変換して実行する。このようにしてJava仮想マシンがプラットフォーム間の違いを吸収し、プラットフォーム非依存を実現するのである。ただし、ネイティブコードへの変換にはメモリ領域も処理時間も余計に必要とするため、メモリ容量や速度がシビアな用途には向かないというデメリットもある。インターネットなどのネットワークを介して、Webブラウザに読み込まれて実行されるJavaのアプリケーションのことをJavaアプレットと呼ぶが、以前はJavaアプレットを使用したWebサイトを表示すると、表示にしばらく時間がかかってしまうといった問題も存在した。近年では技術の向上により、こういった問題もだいぶ解消されている。なお、Javaと似た名称のものに「JavaScript」があるが、JavaとJavaScriptはまったく異なる言語である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

高度化XGP

PHSを高速化したXGP(eXtended Global Platform)規格をさらに改良した技術仕様で、「Advanced XGP(AXGP)」や「XGP2」とも呼ばれる。2010年7月に..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ