Xi

NTTドコモが2010年12月に開始した、LTE(Long Term Evolution)方式による携帯電話サービスのこと。名称の「X」は「人、物、情報のつながり」や「無限の可能性」を、「i」は「イノベーション」や「私」を意味している。また、「Xi」の文字を1つの図案化とすることで、「∞(無限)」の可能性も表現している。Xiに用いられている通信規格LTEは、NTTドコモのこれまでの通信サービスmova(アナログ方式=1G、デジタルPDC方式=2G)、FOMA(W-CDMA方式=3G)、FOMAハイスピード(HSDPA・HSUPA方式=3.5G)の流れを汲む次世代通信規格で、W-CDMA方式のFOMAを改良したLTE方式である。LTEにより下り最大75MbpsというFOMAの10倍以上の高速データ通信が可能となった。LTE方式はFOMAのHSPA方式に比べて周波数の利用効率が約3倍も高く、利用者が増加しても通信速度が低下しにくいという特長を持つ。Xiの対応エリアは、サービス開始当初の2011年3月末現在で人口カバー率8%であった。2015年3月末には98%を目標としており、次第にエリアを拡大していく予定である。なお、対応エリアが十分に拡大するまでの間はXiとFOMAのデュアルモード端末での展開を行い、Xiエリア外でも自動的にFOMAハイスピードに、FOMAハイスピードのエリア外ではW-CDMAに切り替わることで、全国で問題なく使用できるように配慮されている。また、国際ローミングにも対応しており、海外ではW-CDMA方式で利用が可能である。一部の機種はGSMやGPRS など2Gでの国際ローミングにも対応している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

Bluetooth

デジタル機器向けの近距離無線通信規格の1つ。IEEEでの規格名は「IEEE 802.15.1」。デジタル機器間で電波を使用して簡易な情報のやりとりを行う際に使用される。世界統一規格の近距離通信..

more

人気のキーワード

用語履歴一覧

閉じる

↑このページの上部へ