レンダリング

データとして与えられた物体や図形についての情報を計算によって画像化すること。レンダリング(rendering)の「render」には本来「表現する、翻訳する」といった意味がある。レンダリングを行うソフトウェアやシステムなどをレンダリングエンジンまたはレンダラーと呼ぶ。また、レンダリング用のサーバファームのことをレンダーファームと呼ぶ。単にレンダリングといった場合には、3次元(3D)グラフィックスで立体物に色や陰影を付けて画像化する「3Dレンダリング」のことを指す場合が多い。物体の形状や材質、頂点の座標、視点の位置、光源の数・位置・種類などといった情報を基に陰影付けや陰面消去などを行って3D画像を作成する。3Dレンダリングの手法には、光の相互反射を利用して各面の持つ光のエネルギーを算出するラジオシティ(radiosity)法や視点に届く光線を逆にたどることによって描画するレイトレーシング(ray tracing)法などがある。レンダリングは、広義にはデータ記述言語やデータ構造で記述された抽象的で高次の情報を基に、コンピュータのプログラムを用いて画像や映像、音声などを生成する「データの可視化(画像化)」全般を指す言葉として用いられる。WebブラウザがHTMLなどからWebページを表示することやOSやテキストエディタが文字コードから文字を表示すること、映像エフェクタがエフェクトのパラメータから映像を出力すること、DTMソフトがMIDIデータなどから音声信号を生成することなどすべてレンダリングであるといえる。HTMLなどのWebページ記述用言語で書かれたデータを解釈して、実際に画面に表示する文字や画像などの配置を計算するプログラムのHTMLレンダリングエンジンなどもレンダリングの一例として挙げられる。HTMLレンダリングエンジンは、HTMLだけでなく、CSSやXUL、JavaScriptなどを解釈できるものが多い。Webブラウザの主要要素として開発されているものが多いが、中にはインスタントメッセンジャーなどにも使われている例もある。代表的なHTMLレンダリングエンジンにSafariやGoogle Chromeの他、OmniWeb、シイラなどに採用されている「Webkit」や、Internet Explorerに採用されている「Trident」、Firefox,やCamino、SeaMonkeyなどに採用されている「Gecko」、Konquerorに採用されている「KHTML」、Operaに採用されている「Presto」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: コーダー様向け

Amazon書籍

関連書籍が見つかりませんでした。

PickUpWord

IMT-2000

ITU(International Telecommunication Union、国際電気通信連合)が2000年の規格制定を目標に標準化を進めていた次世代携帯電話通信方式の規格のこと。2GH..

more

人気のキーワード

↑このページの上部へ