スマートフォン最適化ノウハウコラム

いま話題の「モバイルフレンドリー」って何? サイトに与える影響、チェック方法まとめ



「モバイルフレンドリー」って何? サイトに与える影響チェック方法まとめ

モバイルフレンドリーとは?

モバイルフレンドリーとはスマートフォンにて閲覧した際に、不便なく閲覧しやすい最適化された状態のことを指します。
Googleは新たに、このモバイルフレンドリーの対応がされているかどうかを検索順位を決める指標の一つに組み込むと発表しました(モバイルフレンドリーアップデート)。
これにより、Webサイトが「モバイルフレンドリー」に設計されているかどうかが、スマートフォンでの検索結果順位に影響するようになります。
※PC、タブレットでの検索順位には影響しません。

この検索アルゴリズム変更は2015年4月21日(米国時間)に実施され、およそ1週間ほどの時間をかけ展開されると言われています。

 

これまでの検索エンジンアルゴリズム

これまでスマートフォンサイトのみを対象にした検索アルゴリズムは存在しておらず、スマートフォンからの検索に最適化するため多少の調整が行われたり、スマートフォン対策が適切に行われていない場合にサイト順位が下げられる可能性はありましたが、スマートフォンサイトの順位のみに影響するような指針はまだ実装されておりませんでした。

 

モバイルフレンドリーアップデートによって変わることと変わらないこと

モバイルフレンドリーアップデートが実施されたことで、スマホ対策されていないサイトは評価が下がり、スマートフォンからの検索結果に対しページ単位で順位変動が起こります。

この対象は前述のとおり、あくまでスマートフォンでの検索結果のみです。
PCやタブレットでの検索には影響しません。
また今回はニューストピックやローカル検索のパック結果など、通常の検索結果以外には影響しません。

 

モバイルフレンドリーの判定基準

モバイルフレンドリーであるかどうかの判定は以下の4点が明示されています。

  1. 1.フォントサイズが小さすぎないか
  2. 2.ビューポートが設定されているか
  3. 3.タップ要素同士が近すぎないか
  4. 4.コンテンツサイズがビューポートに対応しているかどうか

要約すると、スマートフォンでWebサイトを閲覧する際にストレスなく閲覧できることが判定基準となります。

 

モバイルフレンドリーのチェック方法

モバイル対策のために有用なツールやドキュメントをGoogleは提供しています。

 

モバイルガイド

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/?hl=ja-JP&utm_source=MFT&utm_medium=incoming-link&utm_campaign=MFT

このページではモバイルに対応すべき理由やその手法、確認方法などまとめられています。
モバイルフレンドリーへの理解を深めたい方は一度目を通してみるとよいでしょう。

 

モバイルフレンドリーテスト

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?utm_source=wmc-blog&utm_medium=referral&utm_campaign=mobile-friendly&hl=ja

前述のコンテンツの中の1ツールですが、こちらでモバイルフレンドリーに対応できているかをページ単位でチェックすることができます。

 

モバイルフレンドリー 一括実行ツール

http://tspr.jp/columns/516

このツールではURLリストを貼り付けることで一括でモバイルフレンドリーテストを行うことができます。しかし、WindowsでExcelが使用できることが条件となりますのでご注意ください。

 

テストの結果「モバイルフレンドリーではありません」と表示されたら

モバイルフレンドリーテストが不合格であった場合、その理由もセットで表示されますのでこれらの改善を行う必要があります。

 

表示される理由一例

  • テキストが小さすぎて読めません
  • リンク同士が近すぎます
  • モバイル用viewportが設定されていません
  • コンテンツの幅が画面の幅を超えています

もし既にモバイルフレンドリーの影響で順位が下がってしまっているのであれば、スマホ対応されていない要素を改善した上で、早急に順位が回復するようGoogleにクロールしてもらう必要があります。
モバイルフレンドリーは人ではなくクローラーが自動で判別を行いますので、「Fetch as Google」を使用してクロールリクエストを行ってください。

 

Fetch as Google を利用したGoogleクロールリクエスト方法

  1. 1.Googleウェブマスターツールにログインします。
  2. 2.対象のサイトを選択します。
  3. 3.左側に表示されるダッシュボード内「クロール」をクリックし表示される「Fetch as Google」をクリックします。
  4. 4.クローラーに巡回して欲しいサイトのURLを入力します。
  5. 5.URL入力欄の右にあるプルダウンメニューから、取得してもらう Googlebot の種類を選択します。
      ※モバイルフレンドリー対策であれば「モバイル:スマートフォン」を選択してください。
  6. 6.「取得」をクリックし、ステータスが完了になっていることを確認します。
  7. 7.「インデックスに送信」をクリックすれば再クロール依頼完了です。

 

モバイルフレンドリーの重要性

「これまでの検索エンジンアルゴリズム」の項でも書いたとおり、Googleのアルゴリズムはスマートフォンからの検索に適切に対応できているとは言えない状態にありました。

しかし、昨今のスマートフォン普及率の増加からスマートフォン対策を無視し続けるわけにはいかず、今回のモバイルフレンドリーを実施するに至ったと考えられます。

今回のモバイルフレンドリーに留まらず、今後も検索アルゴリズムにスマートフォン対策の度合いが反映される可能性は十分にありえます。

現状のスマートフォンサイトに満足することなく、更なるサイト強化・改善が必須であると言えるでしょう。

  • まだモバイルフレンドリー対策ができていない
  • スマートフォンからの検索で順位が下がってしまった
  • モバイルフレンドリーテストがどうしてもクリアできない

Touch&Slideに全てお任せください!

モバイルフレンドリーテストのエラー解除、スマートフォン未対応ページのスピード対応、など、モバイルフレンドリーでお困りの方は是非一度お問い合わせください。


  • カテゴリ/スマートフォンコーディング
  • ↑このページの上部へ